稲葉浩志の2017年の喉の具合はどうなの?名古屋公演の様子は?

稲葉浩志 喉

2017年12月28日のFM802主催の
音楽イベント“RADIO CRAZY”で
B’zのボーカル『稲葉浩志』さんが
声の不調を訴えて、ライブを中断する
ということがありました。

 

 

予定よりも少ない曲数で
パフォーマンスも終えたとのこと。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

稲葉さんの声を心配するファンの声が
相次いでいます。

 

 

稲葉浩志の2017年の喉の具合はどうなの?
名古屋公演の様子は?

 

 

ということで12月30日、31日にはツアーの
名古屋公演も予定されているので
現状について書いてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

稲葉浩志の2017年の喉の具合はどうなの?

こちらのツイッターにライブを中断した時の
様子が細かく書かれています。

 

 

1フレーズごとに水を飲んだり
稲葉さん自身が一番辛いはずなのに
「こんな声でも歌ってもいいですか?」
という稲葉さんのファンへの気遣いには
心が痛いですね。

 

 

無理しないで
大丈夫

というファンの温かい声援も
稲葉さんの心には響いたことでしょう。

 

 

私が思ったのは、
待ち時間も合わせると長丁場のイベントで
B’zのパフォーマンスを待ってくれていた
ファンへの感謝の気持ちもあったと思いますが、

 

ファンとしては、辛い状況の中でも
パフォーマンスを見せてくれたことが
嬉しかったと、

 

アーティストとファンがお互いを
思いやってできたライブだったんだなと
感じました。

 

 

当時の状況について、そして現状については
B’zからも稲葉さんからも何も説明がないので
喉の調子がどうなのかははっきりしていません。

 

 

でも、何も報告がないということは
大丈夫だということなのかな?と。

 

 

そうであって欲しいですよね。

 

 

ファンの中では、年末に向けて、
テレビ出演もいつもより多かったり、
B’zが30周年ということもあり、
歌う機会がいつもよりも多かったから

 

体調自体があまり良くないのでは?
と心配されていますね。

 

 

確かに、私もちょくちょく見ていましたが
今年は歌番組にすごくよく出ていたなー
という印象でした。

 

 

30年経っても、多少声量は衰えているのかも
しれないですが、歌の上手さは変わらないなー
と安心して見ていられるというか。

 

 

やっぱりB’zっていいなーと
改めて思えましたね。

 

 

ちょっと無理し過ぎたというだけなら
まだ安心かな?

 

 

2004年に喉の手術をしたことがある
という情報もありましたし
何か大きな病気でないことだけを
祈っています。

 

 

 

名古屋公演の様子は?

2日後にはライブツアー“LIVE DINOSAUR”の
名古屋公演が行われるということで
開催されるのか?と気になります。

 

 

中止や延期のアナウンスなどはないものの、
ファンは中止でも延期でもいいから、
無理しないで欲しい…という方も
多いですね。

 

 

喉のケアを大切にされてきた
稲葉さんだからこそ、
今回の不調が心配という声もあり…

 

 

私はそんなに稲葉さんのことを
知っているわけではなかったので
そんなにストイックに喉のケアを
されている方だとは知りませんでした。

 

 

ハードロックな声の一方で
バラードでは優しい声…

 

そんな声を出すにはやっぱり
特別なケアが大事なんですね。

 

 

【追記】

名古屋公演1日目の稲葉さんの
調子はまずまずだったみたいですね。

 

 

何はともあれ、無事に歌い切ることが
できたのが本当に良かったですね。

 

 

後半につれて調子を取り戻してきた
というツイートも見られて

 

これが本当のプロだし、
プロの喉というのは使ってなんぼ
なんだなーと。

 

 

ツアーは2018年も続くので
ライブに行かれる方は
稲葉さんのライブを楽しんで欲しい
という気持ちを受け止めて
全力で楽しんで欲しいなと思います!

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ