テイクアウトライブカードの評判は?視聴方法を調べてみた!

テイクアウトライブカード 評判

“DREAMS COME TRUE”の2017年のライブで
販売が開始された『テイクアウトライブカード
というものが注目されています。

 

 

名前の通り、ライブをお持ち帰りする
というカードなんですが。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

それを発案したのが野口五郎さん
だと言うからさらにビックリですよね(笑)
巷では野口五郎カード、五郎カード
とも言うそうです。

 

 

テイクアウトライブカードの評判は?
視聴方法を調べてみた!

 

 

ということでテイクアウトライブカードが
一体どんなものなのか気になったので
調べてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

テイクアウトライブカードの評判は?

テイクアウトライブカードとは
カードのQRコードを読み込むと
ステージを中心とした360°を
見渡せる映像や、

 

アーティストのライブ前後の
様子を見ることができる
というものです。

 

 

ドリカムのライブでは
そのカードを1枚1,500円で販売し

 

・ミュージシャン紹介映像
・ステージ上の吉田美和立ち位置から見る360度会場内映像(VR)
・各ライヴ会場で撮影した、全日程オリジナルの映像

 

を配信しました。

 

 

各ライブ会場で違うコンテンツが
楽しめるとなると
ファンはそれぞれの会場のカードが
欲しくなりますよね(笑)

 

 

でも、決してライブ映像とか音源が
配信されるわけではないんですよね?

 

 

私の中ではそういうのがメインかな?と
思っていたのですが。

 

 

私はよくライブに行った後は
ライブのセトリ通りにプレイリストを
作って余韻ライブを楽しんだりするので

 

テイクアウトライブカードで
数曲だけでも音源が入っていると
ライブの余韻がすごいやろなーと
思うのです。

 

 

実際に購入したことがないので
カードがどんなものかはわかりませんが
とりあえず購入した方の満足度は高そうですね?

 

 

数日後にコンテンツが追加
されたりもするので
本当にいつまででもアーティストと
時間を共有できる感じが
良いのかもしれません♪

 

 

 

視聴方法を調べてみた!

視聴方法はカードのQRコードを
読み込む、それだけです。

 

 

注意するのはダウンロードするのに
期限があるので、せっかくカードを
購入してもダウンロードするのを
忘れると、ただのカードになりますね。

 

 

ダウンロードすれば何度でも
再生可能というのは嬉しいところ!

 

 

このシステム、これからどんどん
色々なアーティストでも使われるん
でしょうね!

 

 

ジャニーズで採用したら
バカ売れしそう(笑)

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ