台風8号(2018)の最新進路予想は?米軍とヨーロッパを比較!

台風

 

2018年7月4日のお昼頃に
台風7号が温帯低気圧に
変わったと思えば、
もう『台風8号』が発生しました!

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

台風が去っても、雨が残って
いたのでスッキリしないなー
とは思っていましたが。

 

 

台風8号もまた沖縄に
被害を及ぼしそうです。

 

 

台風8号(2018)の最新進路予想は?
米軍とヨーロッパを比較!

 

 

ということで書いていきたいと
思います。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

台風8号(2018)の最新進路予想は?

台風8号(7日6時現在)
名称:マリア
現在地:マリアナ諸島
進行方向:北西
速さ:ゆっくり
中心気圧:920hPa
中心付近の最大風速:55m/s
最大瞬間風速:75m/s

 

 

4日現在はまだ日本の
はるか南に位置していますが
このまま北上すると
本州直撃!?と心配に
なってしまいました。

 

 

私は関西なので、
台風7号の影響も思っていたよりも
受けていて、雨はそこまで
ひどくないけど、風の強さには
驚きました。

 

 

自転車だと風に煽られる
ぐらい。

 

 

日本海を通過しただけで
こんなにも影響があるとは
驚きましたね。

 

 

台風8号の最新の進路予想では
北上するものの、西寄りに
進路をとるということで
沖縄県にかなり近づく恐れがある
とされています。

 

 

台風7号の影響で
世界遺産の今帰仁城跡の
壁の一部が崩落したなんていう
ニュースもありましたし、

 

さらにそこから被害が
拡大するかもしれない
と思うと心配ですね。

 

 

 

米軍とヨーロッパを比較!

最新の進路予想を米軍と
ヨーロッパで比較してみました。

 

 

まずは米軍。

台風8号 2018 米軍

 

10日から11日にかけて
沖縄には一番近づくと
見られています。

 

 

台風発生時の予想よりも
西に進むので沖縄を
過ぎてからは中国大陸に
向かっていますね。

 

 

日本は多少の進路のズレで
九州にも天気に影響は
出そうです。

 

 

一方でヨーロッパの方で
わかりやすいのは
台風の強さですね。

 

 

かなり勢力を増していて
10日頃に勢力を保ったまま
沖縄に近づきます。

 

 

10日頃

台風8号 2018 ヨーロッパ 10日

 

11日には中国大陸に
近づいていますが
勢力はかなり弱まると
予想されています。

 

 

11日頃

台風8号 2018 ヨーロッパ 11日

 

 

これから沖縄は観光シーズン
ですし、少しでも被害が抑えられる
ように願うばかりです。

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ