KEIKOの2018現在の病状は?週刊文春の写真で判明!

小室哲哉 KEIKO 現在

出典:音楽ナタリー

 

2018年1月、不倫報道を受けて
引退会見を開いた『小室哲哉』さんに
またまた文春砲が。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

小室さんの引退会見での
言葉はほとんどが嘘であると
KEIKO』さんの家族が訴えている
というのです。

 

 

なぜ今更?という感じも
しますが。

 

 

KEIKOの2018現在の病状は?
週刊文春の写真で判明!

 

 

ということで現在の
KEIKOさんの様子が
明らかになったので
まとめてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

KEIKOの2018現在の病状は?

2011年にくも膜下出血を
発症したKEIKOさん。

 

 

その後は記憶障害や行動障害
などを引き起こす、
高次脳機能障害であることが
明らかになっていました。

 

 

小室さんの話の中では

 

・音楽に対する興味がない
・小学4年生レベルの漢字ドリルを
やっている
・大人としてのコミュニケーションが
できなくなっている
・スムーズな会話ができるのは
年に数回

 

と、KEIKOさんの様子が
語られています。

 

 

私の中で印象的だったのが
小学生レベルの漢字ドリルを
やっているという状況があるように
子どもに戻っているというような
小室さんの表現でした。

 

 

これは数年前に小室さんが
SNSにKEIKOさんの姿を
投稿した時にも語られていたかなと
思います。

 

 

大変な状況なんだな、
そんなKEIKOさんのことも
一生懸命支えているんだな、
と思ったのを覚えています。

 

 

しかし、KEIKOさんのご家族の
話によると、漢字ドリルを
やっていたのは5年以上前の
ことだというのです。

 

 

現在は

 

・カラオケにもよく行っている
・一人でスーパーに買い物にも行く

 

と想像していたKEIKOさんの
状況とは違っている様子。

 

 

ご家族は現在のKEIKOさんは
要介護者ではない
とはっきりコメントしています。

 

 

確かに、小室さんが言う
音楽に興味がない、
コミュニケーションが取れない
という時期もあったんでしょう。

 

 

小室さんの中でその時期の
KEIKOさんの姿が衝撃的すぎて
頭から離れないのかもしれません。

 

 

でも現在はそういう状況からは
回復しているそうです。

 

 

ご家族は小室さんの言葉から
KEIKOさんが長い間寝たきり状態
であると世間が認識してしまっている
と言っていたようですが

 

確かに、私はKEIKOさんが
ベッドに横たわりながら
小室さんと少しの会話をし
漢字ドリルをするという様子を
思い浮かべていました。

 

 

影響力のある人の言葉、
表現というのはすごいですね。

 

 

勝手な想像を掻き立ててしまう。

 

 

なので、今回週刊文春に掲載された
KEIKOさんの現在の姿には
すごく驚いてしまいました。

 

 

 

週刊文春の写真で判明!

KEIKOさんの現在の姿が
週刊文春の動画の一番最後に
アップされています。

 

 

思っていた姿と
全然違います。

 

 

芝生の上を普通に歩いている
ような感じです。

 

 

生活をしていて不自由な
こともあるのかもしれませんが
元気そうな姿にファンも一安心
ですよね。

 

 

小室さんの会見から
半年近く経って、なぜ今更
こういう報道がされたのか?
というのは疑問に残りますが。

 

 

KEIKOさんの歌手活動復帰計画
でもあるのかな?と思ったり。

 

 

とにかく、KEIKOさんの写真や
コメントが掲載されていることから
KEIKOさん自身の意思は
はっきりしているということが
わかりましたし、

 

小室さんに対する気持ちに
ケジメがついたのか、
状況的に落ち着いたのかは
わかりませんが、

 

KEIKOさんにとって、
前向きになれる状況になったのかな
とファンは見守るしかないと思います。

 

 

※関連記事↓

小室哲哉の不倫相手の看護師A子の現在のクリニックはどこ?

 

 

【スポンサードリンク】







One Response to “KEIKOの2018現在の病状は?週刊文春の写真で判明!”

  1. […] KEIKOの2018現在の病状は?週刊文春の写真で判明! […]

コメントを残す

サブコンテンツ