台風12号2018のヨーロッパの最新進路予想!東京と大阪の直撃はいつ?

台風

 

2018年7月25日に発生した
台風12号』が勢力を増して
日本列島に近づいています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

週末にはイベントを開催予定
のところが多く、台風の進路には
注目が集まっていますね。

 

 

猛暑が続く中で雨が降ることは
嬉しいことでもあるのですが…

 

 

台風12号2018のヨーロッパの最新進路予想!
東京と大阪の直撃はいつ?

 

 

ということで書いていきたいと
思います。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

台風12号2018のヨーロッパの最新進路予想!

台風12号(27日6時現在)
名称:ジョンダリ
現在地:硫黄島の南東約80km
進行方向:北東
速さ:20km/h
中心気圧:970hPa
中心付近の最大風速:35m/s
最大瞬間風速:50m/s

 

 

台風発生時の予想よりも
西側に進路を取っています。

 

 

東京直撃だと思っていましたが
少し逸れましたね。

 

 

ヨーロッパの予想進路を
見てみると28日の時点で
愛知県、静岡県辺りに
直撃する恐れが出ています。

 

台風12号 2018 ヨーロッパ 28日

 

でも、29日にはもうほとんど
台風による強い風は姿を
消しているよう。

 

台風12号 2018 ヨーロッパ 29日

 

28日から29日にかけて
東海地方、関西地方には
警戒が必要だと思われます。

 

 

 

東京と大阪の直撃はいつ?

東京直撃は何とか免れた
とは思うのですが、
一般的に台風って、台風の
進路の東側で雨風が強くなる
と言われていますね。

 

 

今回もその傾向にはある
そうなのですが
台風からの上空の湿った空気の
影響で、いつもあまり影響のない
内陸部にも大雨をもたらす危険が
あるとのこと。

 

 

直撃しないと言えども、
台風の東側や内陸部でも
かなり注意が必要です。

 

 

そして大阪には28日の夜に
上陸する可能性が高いです。

 

 

早ければ夕方にも上陸するかも?

 

 

私は関西在住で、これまでも
台風が来る来ると言われても
思っていたほど大丈夫だったなー
ということが多くて、

 

きっと今回も心配するほどでは
ないんじゃない?と思って
しまいがちなんですが、

 

そういう気持ちが一番ダメ
ですよね…

 

 

いつも警戒していて、
注意していて意外と大丈夫
ということがあるので、
今回も警戒は続けて
無事に台風が去ることを
願うばかりです。

 

 

自分のことよりもやはり
心配なのは豪雨の被災地かな。

 

 

関西地方を通過した後は
さらに西寄りに進路を
変える恐れがあり、
広島県や岡山県にも
大雨をもたらす可能性が。

 

 

まだまだ避難生活を送っている
方もいらっしゃるでしょうし
生活もままならない中で
また災害となると心配です。

 

 

いつもとは違う台風の動きに
なるので、各地で警戒は
必要ですね。

 

 

※関連記事↓

台風12号2018の米軍の最新進路予想をチェックしてみた!

 

 

【スポンサードリンク】







One Response to “台風12号2018のヨーロッパの最新進路予想!東京と大阪の直撃はいつ?”

  1. […] 台風12号2018のヨーロッパの最新進路予想!東京と大阪の直撃はいつ? […]

コメントを残す

サブコンテンツ