台風21号2018のヨーロッパの予想進路で大阪や東京に上陸?

台風

 

2018年8月28日に発生した
台風21号』がどんどん
勢力を増しています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

日本のはるか南で
発生しましたが、
日本列島に近づく頃には
かなり強い台風になっている
可能性がありますね。

 

 

今回は

 

台風21号2018のヨーロッパの予想進路で
大阪や東京に上陸?

 

ということで予想進路から
上陸の可能性を調べてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

台風21号2018のヨーロッパの予想進路で大阪や東京に上陸?

台風21号(1日6時現在)
名称:チェービー
現在地:フィリピンの東
進行方向:西北西
速さ:25km/h
中心気圧:915hPa
中心付近の最大風速:55m/s
最大瞬間風速:75m/s

 

 

発生から2日ですでに
960hPaとかなり強い
勢力になり、9月1日現在は
915hPaと今年一番強い
台風になっています。

 

 

これはやはり海面温度が
高いせいだと言われていますね。

 

 

温暖化の影響もありますし
今年の台風は高い水温の
海を通って、強くなって
日本に近づくというパターンが
本当に多い。

 

 

多分今年は日本各地で
強い台風を経験しているのでは
ないでしょうか?

 

 

私が住んでいる大阪では
いつも台風が来る来ると言われて
そこまでひどくなかったねー
なんて世間話をすることが多いですが、

 

今年の台風12号は夜中にかなり
雨風がひどく、久しぶりに直撃したな
と思いました。

 

 

今回の台風21号も近畿地方を
直撃する可能性が出てきたので
チェックしておきたいと思います。

 

 

ヨーロッパの風の強さを表す
予想を見てみると

 

台風21号 2018 ヨーロッパ 3日

 

3日の夜から四国・近畿地方
に近づき、4日の夜には
すでに東北地方へ。

 

台風21号 2018 ヨーロッパ 4日

 

最初の予想よりは
かなり台風のスピードも
早くなっているようで、

 

4日に近畿から関東、東北を
縦断する感じになっていますね。

 

しかも注目すべきは
風の強さがあまり
弱まっていないところ。

 

 

どこかに上陸することで
弱まっていくとは思いますが、
台風の影響はかなり長く
続きそうです。

 

 

大阪上陸の可能性はかなり
高いと思いますし、

 

東京直撃の可能性は低いですが、
台風の進路の東側、右側に
位置するので、東京の雨風は
かなり強くなることも予想されますね。

 

 

とにかく9月1週目の半ばには
日本に最も近づくので
平日ですし、電車の運行情報も
しっかりとチェックしておかなければ
いけませんね。

 

 

※関連記事↓

台風21号2018の米軍とヨーロッパの最新進路予想は?

 

 

【スポンサードリンク】







One Response to “台風21号2018のヨーロッパの予想進路で大阪や東京に上陸?”

  1. […] 台風21号2018のヨーロッパの予想進路で大阪や東京に上陸? […]

コメントを残す

サブコンテンツ