浅田真央の復帰の本当の理由はやはり連盟にあった?初戦の中部選手権はどんな大会なの?

浅田真央 復帰 理由

2015年5月18日に
フィギュアスケートの
浅田真央』選手が
現役続行を発表しました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

この決断に対しては
また浅田選手の演技が見られる
という喜びの声もあり、
一方でソチ五輪の感動的な
演技があって、そのまま辞めた方が
かっこよかったなんて
意見もあったり、本当に
賛否両論ですね。

 

 

私は単純に本人がやりたいなら
やればいいんじゃない?
という感じなんですけど、
やっぱりスポーツの世界は
本人の意思だけではないよう
なんですよね。

 

 

浅田真央の復帰の本当の理由はやはり連盟にあった?
初戦の中部選手権はどんな大会なの?

 

 

ということで真実に
迫ってみたいと思います。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

浅田真央の復帰の本当の理由はやはり連盟にあった?

浅田選手自身が現役復帰を
願っていたということは
もちろん嘘ではないと思います。

 

 

伊藤みどりさんから
悔いのない選択をと言われた
ことも一つのきっかけになったようですし。

 

 

でも巷ではやっぱりスケート連盟の
後押しがかなり大きかったのではという
意見もかなりありますね。

 

 

実際に選手が活躍することで
大会のチケットが売れて
テレビで放送されるわけで、
この売り上げや放映権は
スケート連盟の収入になるわけですから
活躍できる選手がいないと
単純に困るわけです。

 

 

昨シーズンは村上佳菜子選手や
宮原知子選手、本郷理華選手、
樋口新葉選手など、
みんなで浅田選手の穴を埋める
ように活躍した年でもありました。

 

 

でも良い成績を残しても
世間の盛り上がりにはやはり
欠けていましたよね。

 

 

それを実感していたのはやはり
スケート連盟だったでしょうし、
浅田選手に
「早く進退をはっきりしなさいよ」
と決断を迫ったことが焦りの表れでも
あったんだと思います。

 

 

もう一つ残念なことに、
次の平昌五輪に向けての
国からの支援のランクが
女子フィギュアは下がっているんです。

 

 

文部科学省が認定する
マルチサポート事業
という、それぞれのスポーツに
メダルを取れる可能性があるかを
ランク付けしてそれに合わせた
支援を行うという事業があります。

 

 

例えば

 

ターゲットAは金メダルが期待される競技
ターゲットBはメダル獲得が期待される競技
ターゲットCはメダル獲得の可能性がある競技

 

と分かれています。

 

 

女子フィギュアは現在Cに位置しています。
一方男子フィギュアはA。

 

 

フィギュア界の面目丸つぶれみたいな
状況になってるわけですよね。
スケート連盟が絡んでいる
スピードスケートやショートトラック
といった競技もほとんどが
ターゲットCに属しています。

 

 

どうにか浅田選手に頑張ってもらわないと
という気持ちが強いことが
本当によくわかります。

 

 

そういうプレッシャーも感じながら
浅田選手は現役続行を決断した
わけですが、

 

 

会見の中で
「自分らしい演技、大人な演技を
見せられるように」
と浅田選手は語っています。

 

 

もちろん復帰するからには
成績にこだわらないわけにはいかない
でしょうけど、
連盟のためじゃなくて
自分のために、応援してくれる人のために
演技したいという気持ちを
ちょっとはアピールしたのかなと
思いました(笑)

 

 

 

初戦の中部選手権はどんな大会なの?

浅田選手が現役復帰の初戦として
濃厚なのが、
毎年9月〜10月の間に行われる
中部フィギュアスケート選手権大会
です。

 

 

これは国内の競技会として
東北、関東、東京、近畿など
地区ごとに行われている大会で、

 

この大会ではノービスと言われる
初心者からジュニア、シニアまでの
区分に分けられて競技が行われます。

 

 

簡単に言えば、この大会には
次世代のスケーターが出場する
んですが、浅田選手は試合の感覚を
取り戻すためにまずはここから
着実に駒を進めていくと
考えられています。

 

 

浅田選手本人も1年間の休養から
どのくらい自分ができるのかは
不安がたくさんあると思うので、
あまりプレッシャーをかけないで
見守っていきたいですね。

 

 

【スポンサードリンク】







One Response to “浅田真央の復帰の本当の理由はやはり連盟にあった?初戦の中部選手権はどんな大会なの?”

  1. […] 浅田真央の復帰の本当の理由はやはり連盟にあった?初戦の中部選手権はどんな大会なの? […]

コメントを残す

サブコンテンツ