台風26号2018の米軍とヨーロッパの最新進路予想は?

台風

 

2018年10月22日3時に
台風26号』が発生しました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

今年は8月、9月に台風が
大量発生し、25号からは
約1ヶ月ぶりの発生です。

 

 

まだ台風発生の時期は
続いていたんですね…

 

 

台風26号2018の米軍と
ヨーロッパの最新進路予想は?

 

 

ということで書いていきたいと
思います。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

台風26号2018の米軍とヨーロッパの最新進路予想は?

台風26号(25日6時現在)
名称:イートゥー
現在地:マリアナ諸島
進行方向:北西
速さ:20km/h
中心気圧:905hPa
中心付近の最大風速:60m/s
最大瞬間風速:80m/s

 

 

発生場所はまだ日本からは
かなり離れているので
今後日本に近付くのかは
ハッキリとはわかりません。

 

 

でも私は騙されない!(笑)

 

 

今年発生した台風の進路は
予想をどんどん覆すような
変な進路を取っていましたし、
警戒は必要だと思います!

 

 

現在の上空の気温や
空気の流れがどうなって
いるのかはわかりませんが、
台風の進路はその都度チェック
していかなければいけませんね。

 

 

米軍の進路予想は
こんな感じです。

 

台風26号 2018 米軍

 

沖縄県の南を通過するので
本州に影響はなさそうですが
沖縄県は多少雨風の影響は
ありそうですね。

 

 

しかし、ヨーロッパの
進路予想ではまた変な動きを
しています。

 

 

沖縄県の南で勢力を保ったまま
停滞する予想になっていて、
31日に北上するので、そこで
一番沖縄県に近付く様子。

 

台風26号 2018 ヨーロッパ 31日

 

でも、この時点ではかなり
勢力が落ちているので
それだけが少し安心かな?

 

そして北上したと思ったら
東に進路を変えて、本州からは
離れてはいますが、太平洋を
進む予想にもなっています。

 

このパターン、今年
多いですよね…

 

 

太平洋側の地域だけ、
少し海が荒れたりする
かもしれませんが、

 

そんなに大きな影響は
なさそうなので安心かな
とは思います。

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ