口永良部島(鹿児島県)ってどこにあるの?噴火による避難方法はフェリーのみ

本日2015年5月29日午前10時前に
鹿児島県の口永良部島(くちのえらぶじま)
で爆発的な噴火が起こりました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

ネットのニュースによる
情報は以下の通りです。

 

 

口永良部島のほぼ中央部にある新岳で
爆発的な噴火が起きました。
また、噴火に伴って火砕流が発生し、
海岸まで到達したのが確認されました。

 

 

火砕流が発生しているということで
島の状況がどうなっているのかが
かなり気になります。
現状で火砕流は島の南西方向に
流れているという情報もあり、

 

 

噴火警戒レベルは最高レベルの
レベル5に引き上げられています。

 

 

レベル5というのは
住民が避難しなければいけない
レベル。

 

 

口永良部島(鹿児島県)ってどこにあるの?
噴火による避難方法はフェリーのみ

 

 

ということで口永良部島が
鹿児島県のどこに位置するのか、
避難のための移動手段について
調べてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

口永良部島(鹿児島県)ってどこにあるの?

正直、口永良部島って聞いたことあるような…
でもどこに位置しているのかは
全くわかりませんでした。

 

 

ということで地図を簡単に
アレンジして作ってみました!

 

口永良部島 地図

口永良部島(くちのえらぶじま)
鹿児島県の南にある屋久島の
北西に位置しています。

 

 

火山島であることから、
温泉や民宿も備わっているため
観光客も訪れるとのことです。

 

 

屋久島や種子島には
フェリーで移動可能です。

 

 

居住地域は今回噴火した
新岳から半径3km圏内に
あるようですが、
噴煙は不幸中の幸いで
居住地域とは逆方向にふいて
いるそうです。

 

 

とは言え、視界はかなり悪そう。

 

 

 

噴火による避難方法はフェリーのみ

テレビのニュースによると
現在口永良部島には
137人が住んでいるとのことで、
今後屋久島に全島民が避難します。

 

 

地図の“本村”というところに
港があります。

口永良部島 噴火 避難

 

避難のために町営の船が用意されたり、
本日運行予定だった
フェリー“太陽”が種子島から
屋久島へ、そして口永良部島へ
向かうとのこと。

 

 

フェリーは最高で150人
乗船できるそうなので、
一度の運行で全員が避難できそうですね。

 

 

ちなみに通常では口永良部島から
屋久島までは1時間40分かかる
そうです。

 

 

そう思うと島と島って意外と
離れているんだなーと感じました。

 

 

私は船が苦手でほとんど乗る機会が
ないので1時間40分が長いのか
短いのかわかりませんが。

 

 

フェリーが出る港の方にも
噴煙がかぶっていて黒くなっている
という情報もあるので、
とにかく全島民が無事に避難
できることを祈るのみです。

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ