小笠原沖地震が全国に揺れをもたらしたのはなぜ?大きな余震は起きにくいらしいけど…

小笠原諸島 地震

2015年5月30日午後8時24分頃、
マグニチュード8.5の強い地震が
小笠原沖で発生しました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

最大震度は
小笠原諸島と神奈川県二宮町で
震度5強でした。

 

 

海が震源だと思うと
やはり津波が心配されましたが、
「津波の心配はない」と
発表されたことで安心した方も
多くいたと思います。

 

 

しかし、今回の地震は
これまで日本各地で起こっている
地震とは全然違うらしいんです。

 

 

何が違うのか?

 

 

小笠原沖地震が全国に揺れをもたらしたのはなぜ?
大きな余震は起きにくいらしいけど…

 

 

情報をまとめてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

小笠原沖地震が全国に揺れをもたらしたのはなぜ?

テレビを見ていて突然地震のニュースに
画面が切り替わったので、
よほど大きな地震が起こったんだと
驚きました。

 

 

でも各地の震度を見てみると
私が住んでいる大阪でも震度2
という表示。

 

 

全然気付いていませんでした(笑)

 

 

それにしても北海道から沖縄まで
揺れを観測しているというのは
どういうことやろ?と疑問に
思いましたね。

 

 

今回の地震は
深発地震
異常震域
と言われています。

 

 

震源がとっても深かったんです。

 

 

2011年に発生した東日本大震災の
震源の深さは24kmだったのに対し、
今回の地震は深さが590km
異常な深さだったんですって。

 

 

深い場所から全国のプレートの
内部に揺れが伝わったことから
全国的に揺れを感じる地震になった
というわけです。

 

 

深過ぎたというのが原因で
緊急地震速報も出なかったそうですよ。
観測できるのは深さ150kmまでとか。

 

 

今回の地震がどれだけ深いか
ということがわかりますね。

 

 

深発地震でこれだけ大きい地震は
過去最大という情報もあります。

 

 

マグニチュードは東日本大震災に次ぐ
大きさだそうですし、
もしこれでもっと震源が浅かったらと
想像すると…

 

 

今後巨大地震が予想されている日本で
深くて良かった
だけでは済まされないですよね。

 

 

 

大きな余震は起きにくいらしいけど…

ネットのニュースでは

 

M8・5の巨大地震だったが、
震源が極めて深い「深発地震」だったため、
津波が発生せず、被害も少なかったとみられ、
気象庁は「強い揺れを伴う余震の恐れは低い」としている。

 

と報じています。

 

 

実は大きな揺れを感じた地域では
午後8時24分に揺れた後に
2,3分後にも感じ方によっては
さらに大きな揺れを感じたところも
あったそうです。

 

 

これは余震ではなく、
地震波が2回に渡って伝わった
という見方ができるみたいですね。

 

 

今回は“深発地震”ということで
大きく取り上げられていますが、
ある意味、もういつ震源の浅い巨大地震が
起きても不思議ではないことを
同時に伝えているのかもしれない
ということをお忘れなく。

 

 

【スポンサードリンク】






コメントを残す

サブコンテンツ