松丸亮吾の身長は?DaiGoとの兄弟仲が気になる!

松丸亮吾 daigo

出典:Twitter

 

最近、メンタリストDaiGoさんの
弟さんがテレビに登場し、
注目を集めていますね。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

松丸亮吾』さんという
現役東大生で、ナゾトキ
ブームの仕掛け人とも
言われています。

 

 

兄弟揃って頭が良くて
しかもイケメンって
すごい兄弟ですよね。

 

 

松丸亮吾の身長は?DaiGoとの
兄弟仲が気になる!

 

 

ということで書いていきたいと
思います。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

松丸亮吾の身長は?

亮吾さんは1995年12月19日
生まれの現在22歳。
もうすぐ23歳になりますね。

 

 

1年浪人しているので、
今年23歳の大学4年生。

 

 

慶應大学卒の兄・DaiGoさん
の対抗意識から、東大に入った
そうですが、今となっては
DaiGoさんがいたから
今があるというのが確実に
言える感じですよね。

 

 

できる兄を持つと
辛いだろうけど、
それを自分のやりたい
ことに繋げるって素晴らしい
ことだと思います。

 

 

亮吾さんのことを調べていると
身長が低いと言われていることが
気になりました。

 

 

まぁ、私の中ではDaiGoさんも
そんなに高身長のイメージが
ないので、低くても何も違和感
ないんですが。

 

 

亮吾さんの身長は170cm
であるという普通の情報が
ありましたよ(笑)

 

 

低めではあるかもしれませんが、
特別低いというわけでもないかな?

 

 

最近はジャニーズのグループ
とかでも160cm台の子とか
いっぱいいるし。

 

 

ちなみにDaiGoさんは
173cmという情報があり
ながらも、もう少し低い
印象を持たれているみたいです。

 

 

二人ともイケメンだし、
もう少し身長が高い方が
印象が良いと感じる人が
多いんでしょうね。

 

 

亮吾さんははっきりとした
大きい目が特徴で、
DaiGoさんは少し切れ長?
な感じかな?

 

 

 

でも声は本当に一緒だなー
と思います(笑)

 

 

 

DaiGoとの兄弟仲が気になる!

松丸兄弟は
実は4人兄弟なんですね。

 

長男 DaiGoさん
次男 彗吾さん
三男 怜吾さん
四男 亮吾さん

 

という順番で、
DaiGoさんと亮吾さんは
9歳離れているんですって。

 

 

9歳って、お兄ちゃんから
したら末っ子ってめっちゃ
かわいいでしょうね!

 

 

私の勝手な予想としては
兄弟の中でもDaiGoさんと
亮吾さんが一番仲が良いん
じゃないかと思います!

 

 

亮吾さんが中学生の頃は
やっぱりDaiGoさんが
メディアで注目されて
DaiGoの弟としてか見られない
時期が悔しかったんだそう。

 

 

もしかしたらその時期は
あまり仲が良くなかった
かも?

 

 

そういう時期ってありますよね。
男子にとっては思春期真っ只中
だったでしょうし。

 

 

私も4歳上の姉がいますが、
めっちゃ仲が良くなったのは
私が高校生の頃だったと思います。

 

 

喧嘩しなくなったというのが
正しいかな?

 

 

単純に精神面が成長して
いったというだけかも
しれませんが、

 

亮吾さんも、最初はお兄さんに
負けたくない、DaiGoという名前に
頼りたくないという気持ちが
強かったんでしょうね。

 

 

でもきっと一つの目標を
成し遂げると、そんな対抗心とか
どうでも良くなるんじゃないかな。

 

 

やってることはそれぞれ
違うことだし、亮吾さんは
しっかりと自分の特技を
生かしているわけだし、

 

今は一緒に動画に出演したり
すると、それぞれのファンが
見てくれて相乗効果が上がるし(笑)

 

 

亮吾さんがテレビ出演を
し始めた時はDaiGoさんの
名前は出していなかったそうですが、

 

亮吾さんが自分の名前で
注目されるようになって
DaiGoさんの弟であることを
公表したそうです。

 

 

きっと仲が悪かったら
今でも公表してなさそう
ですよね?

 

 

一緒に出演している動画を
色々と見てみましたが、
DaiGoさんの見た目が若いのか、
9歳も離れているとは思えない
ほど、友達のような関係なのかな
と思いました。

 

 

でも、亮吾さんの心の中は
DaiGoさんにとっては
かなり読みやすいん
だそうですよ(笑)

 

 

その点ではいつまでも
お兄さんには敵わないのかも
しれませんね★

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ