両角速監督の息子がイケメンコーチ?画像や経歴は?ダイエット方法がすごい!

両角速監督 ダイエット

出典:日刊スポーツ

 

2019年の箱根駅伝で
見事初優勝した東海大学の
両角速(もろずみはやし)』監督。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

早速優勝した翌日から
選手と一緒にテレビに
生出演しています。

 

 

青山学院大学の5連覇を
止めたのがやはり注目
される理由でもありますよね。

 

 

両角速監督の息子がイケメンコーチ?
画像や経歴は?ダイエット方法がすごい!

 

 

ということで両角監督の
息子さんについて
調べてみました!

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

両角速監督の息子がイケメンコーチ?画像は?

両角監督は1966年7月5日
生まれの現在52歳です。

 

 

東海大学体育学部競技
スポーツ学科特任准教授、
東海大学陸上競技部駅伝
監督を務めています。

 

 

駅伝監督に就任して
8年で初優勝。
まさに努力が実を結んだ
という感じでしょうか。

 

 

箱根駅伝が始まる前は
青学の5連覇を食い止める
のは東海大学か?
なんていう評判もあったぐらい
ですから、きっと周りからの
期待の声も大きかったと思います。

 

 

両角監督自身は
東海大学第三高等学校、
東海大学の出身で、
大学時代は1年生の時から
4年間箱根駅伝を走った経験が
あります。

 

 

名前の“速(はやし)”なんて
走るために生まれてきたような
感じですよね(笑)

 

 

息子さんは2人いて
長男は“両角駿(しゅん)”さん
次男は“両角優(まさる)”さん
です。

 

 

駿には、すぐれる、すばやい
なんていう意味があるし、

 

優はまさに優勝の“優”
ですからね(笑)

 

 

今年の箱根駅伝そのものを
表すような息子さんの名前!

 

 

実は息子さん2人とも、
コーチをされています。

 

 

監督の息子がコーチって
お父さんに似て、やはり
指導力にも長けているん
でしょう。

 

 

2年前の時点では
長男の駿さんはまさに
お父さんの元でコーチを
務める、東海大学陸上競技部
駅伝コーチ。

両角駿

出典:東海大学陸上競技部

 

東海大学を卒業し、
東海大学大学院体育学研究科
体育学専攻に在学しながらの
コーチ業。
(現在は卒業してるかな?)

 

 

駅伝の強豪校だから
きっと練習やトレーニングも
大変だと思うので、
コーチとして忙しい日々を
送りながらの、大学院生との
両立ってすごいなと思いますよね。

 

 

駿さん自身は高校3年生の時に
大腿骨疲労骨折を経験して
大学2年生で競技から離れる
決断をしたとのこと。

 

 

私が思うに、こうやって
苦労したり、辛い思いを
したからこそ、学生に
伝えられることがたくさん
あると思うし、

 

怪我しても競技に関わる
というのは本当に陸上や
駅伝が好きじゃないと
できないと思うんですよね。

 

 

年齢的にも選手に近いので
お兄さん的な存在にも
なっているのかなと思います。

 

 

次男の優さんは駅伝の
コーチではなく、
野球のコーチをしています!

両角優

出典:立教大学野球部ブログ

 

2017年の時点で
立教大学野球部3年生で
学生コーチをしている
と言う情報があったので、
現在は4年生でしょうか。

 

 

元々はピッチャーとして
活躍していましたが
肘の怪我の影響で選手から
学生コーチになりました。

 

 

駿さんと同じですよね。
怪我がきっかけで
選手からコーチ業に。

 

 

なかなか辛い決断だとは
思うのですが、やはり
家族に同じスポーツで
活躍する監督やコーチが
いるなら、

 

もしかしたらそこまで
苦渋の決断ではなかったの
かもしれませんね?

 

 

 

両角速監督の経歴は?

青学で有名監督となった
原晋監督は一般企業から
大学の駅伝監督に就任した
という少し変わった経歴を
お持ちですが、

 

両角監督はご自身も陸上の
強豪校出身で、監督としても
佐久長聖高校、東海大学
素晴らしい成績を残しています。

 

 

陸上に人生を捧げている
と言っても過言ではない
ですよね。

 

 

1995年に佐久長聖高校の
駅伝部監督となり、
全国高校駅伝で1998年から
2010年まで13回連続出場、
12回入賞という成績を
納めています。

 

 

私が注目したのは佐久長聖高校
監督時代の教え子に大迫傑選手が
いたことですね。

 

 

大迫選手と言えば、
2018年10月のシカゴマラソンで
日本新記録を更新し
話題になりました。

 

 

教え子が日本新記録を出した
ことも、箱根優勝を導く原動力に
なったんだろうなと思いました!

 

 

 

両角速監督のダイエット方法がすごい!

両角監督は箱根駅伝の
前に受けた取材で
スリムになった姿にも
注目が集まっていました。

 

 

実はダイエットに励んで
いたんだそうですよ!

 

 

86kgあった体重は
何と三ヶ月で69kgに!

 

 

三ヶ月で17kgも落とすって
どんなダイエットをしたのか
気になりますよね!?

 

 

まずはやはり食事制限
昼食抜き、炭水化物抜き
ダイエットですね。

 

 

炭水化物は本当に
太りますから。

 

 

私も夜は炭水化物を
取らないという生活は
意識してます。

 

 

食べ過ぎると太るという
経験をしたので…

 

 

炭水化物抜きダイエットが
一番痩せやすいんじゃないか
と個人的には思っています。

 

 

そしてキツイのが運動ですよね。

 

 

両角監督は一日12キロ以上、
一ヶ月で500キロ走り込んで
いたとのこと。

 

 

これはホンマすごい。
選手がそれぐらい走るのは
わかるけど、監督が走るとは。

 

 

私もマラソン大会で10kmラン
ぐらいは経験ありますが、
あれを毎日走ると考えると
無理(笑)

 

 

そんな監督の努力とか
選手と辛さを分かち合うとか
そういうのも影響して
箱根駅伝初優勝に繋がったん
じゃないかなと思いますよね。

 

 

箱根駅伝は青学だけじゃない
というのを見せつけてくれた
ことに感動しました!

 

 

今度は連覇に期待しています!

 

 

※関連記事↓

大迫傑の嫁と子供の画像は?弟もイケメンマラソン選手!

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ