トレース科捜研の男2話の視聴率と感想まとめ!犯人は誰?

トレース 科捜研の男 見逃し

出典:コミックナタリー

 

2019年1月期の月9ドラマ
トレース〜科捜研の男〜』の
2話についてまとめていきます!

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

タイトルから、科捜研の女の
パクリなんじゃない?と、
前評判があまりよくなかった
ですが、私は初回を見て、
科捜研の女とは全然違うと
思いました!

 

 

トレースはトレースで2話も
見てみようかな、という感じです。

 

 

トレース科捜研の男2話の視聴率と
感想まとめ!犯人は誰?

 

 

ということで書いていきます。

 

 

トレース科捜研の男2話の視聴率

1話の視聴率は12.3%
ということで無事に2桁
発進ですね!

 

 

でも大事なのは2話からです!
1話はどんなドラマかな?
と興味で見る人が多いので
大体高く出るんですが、

 

1話を見て脱落する人も
多いだろうし、2話は大体
視聴率も下がりますね。

 

 

逆に上がったらすごいん
ですけどね!

 

 

1話の感想を見ている限り、
正直2話で12%以上出すのは
難しそうかな?

 

 

私が思ったのは、錦戸亮さんの
クールな役柄ってあんまり
合わないなって。

 

 

もっと笑顔が見たいですね!(笑)

 

 

そして船越英一郎さんの
暑苦しい演技…

 

 

これにはちょっとうんざりしている
視聴者も多いみたいで、
2話の予告を見るとまた
ずっと叫んでるし。

 

 

それで脱落する人も
結構多そうですね。

 

 

【追記】

2話の視聴率は11.8%
でした!

 

 

もっと下がりそうな
感じがしていましたが、
好調をキープしている
という感じですね!

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

トレース科捜研の男2話の感想まとめ!

私も思ったんですが、
1話の感想を見ていると
錦戸さんの影が薄いという
意見が多く見られました。

 

 

新木優子さん視点の
ドラマになっていて、
まさに、日曜日にやっていた
二宮和也さん主演のブラックペアンで
二宮さんより竹内涼真さん視点で
描かれている、みたいな感じ。

 

 

錦戸さんの指示で新木さんが
動く、という感じなので、
錦戸さんの活躍があまり
わからない気がしますね?

 

 

2話の感想をクラウドソーシング
サイトで集めてみました!

 

 

キメラという2種類のDNAを持つ
人間がいるとは知りませんでした。
お蔭で、現場では血痕のDNAが
誰のか判らず、混乱する原因で、
見ている方も大混乱しました。
真野は、宮永が岸田から骨髄移植を
受けていたと良く解明したなと思いました。
そして宮永と恋人だった女子高生が
宮永を病院に行く途中で事故にあい、
病院に搬送され、その時の緊急手術を
真田が行ったそうです。有里は心臓の
移植手術を受けたのですが、中原の心臓を
移植されていたとわかります。宮永は
中原が脳死にされて心臓移植に立ち会った、
うすい医師を学会場で捕まえ、真実を明らかに
しようとしていたのでした。
15年前の移植手術の前に中原が筋弛緩剤を
投与され脳死にされ移植のドナーにされたと
宮永が知り、真田と娘に復讐したとわかります。
ここまで来て、ようやく、パズルの答えが
見えてきました。展開が奇抜すぎて、
ついていくのが大変なストーリーでした。
それでも、宮永は有里の首を絞めても、
恋人の心臓を止めることに躊躇ったのは、
宮永にも自責の念があったようで、
細かい人心の機敏に触れた演出でした。
(60代後半・男性)

 

 

先の読めない展開だったので、
ラストに近づくにつれておもしろかったです。
宮永は犯人ではないのに船越英一郎さんが
躍起になっているだけなのかと思いきや、
やはり宮永は犯人で、じゃあ宮永は
凶悪犯かよ!って思ったら、被害者が
とんでもない罪を犯していたというどんでん返し。
娘をなんとしても助けてあげたいという
被害者の気持ちはわからないことは
ないですが、被害者のことは絶対に
許せないと思いました。とても難しい
テーマであり、考えさせられました。

関めぐみさんはどんな役でも
すっと馴染むし、存在感がありますね。
ドラマの一話だけのゲストだとしても、
本当に親を理不尽に殺された医者の
女性に見えます。新木優子さんと
心を通わせるシーンは素敵だと思いました。
(年齢不明・女性)

 

 

良き医師であり、良き父親であった
娘の自慢な真田。しかし娘を愛する
あまり、人を救う医師の立場でありながら
患者を手にかけてしまうという残忍な
行動をしてしまいます。自分の娘が
知ったらどう思うのだろうか、父親の事を
とても軽蔑したに違いありません。
自分が娘を想うように、殺された女性にも
家族がいて大切な人がいる。女性が
亡くなると悲しむ人がいるという事に
気がつかなかったのだろうかと感じました。
自分の不幸を人に押し付けてしまうのは
最低な事です。
ずっと悔いていたという真田の言葉に
対して怒りを感じました。亡くなった人は
帰って来ないんだと、悔いたところで
変わらないと。本当に身勝手な行動
だったなと、亡くなった女性は未来を
奪われて可哀想だて思いました。
(年齢不明・女性)

 

 

 

トレース科捜研の男2話の犯人は誰?

2話は、東凛大学病院の外科医・
真田和寿(名高達男)の教授就任を
祝うパーティーでの事件でした。

 

 

席を外したまま戻らなかった真田を
探しに行った娘の有里(関めぐみ)が、
控室のバルコニーから転落死している
父親を発見し、そのとき有里は、
現場から逃走する男の姿を目撃していた。

 

 

真田の首に刃物を突き付けられたような傷、
男の逃走経路には血痕、
バルコニーの手すりには真田の靴の跡…

 

 

これらの状況から、犯人は真田に
ナイフを突きつけたが抵抗されて
傷を負い、バルコニーを乗り越えて
逃げようとした真田を突き落とした
のではないかと考えられた。

 

 

警察は、防犯カメラの映像から
被疑者の宮永 渉(篠原 篤)を
拘束したが、現場から採取された
血液と宮永のDNAの照合の結果は
不一致だった。

 

 

という事件の内容ですが、
一体犯人は誰だったのか?

 

 

DNAが不一致となったのは
単純に犯人が違うから?
それとも何かトリックがあったから?

 

 

真相とネタバレはこちら!

 

 

真田の娘は小さな時から心臓病を患っていて、
心臓移植をしなければいけない状況だった。
そんな中容体が急変、一刻を争う事態に
事故に遭った一人の患者が運ばれてきた。
その女性を脳死させ、自分の娘のドナーとする
真田だったが、その女性は被疑者の宮永の彼女だった。

 

 

彼女の突然の脳死に疑問を抱いた宮永は
真相を突き止め、真田に問いただすのだった。
自分のした事をずっと悔いていた真田は
自らバルコニーから飛び降りようとしていた?
ところを宮永に突き落とされた。

 

 

宮永のDNAが一致しなかったのは
宮永はキメラだった(過去に骨髄移植を
した経験があり、DNAを二つ持って
いた)から。

 

 

有里を殺そうとした宮永が
生きているのが恋人の心臓だと
思うと殺せなかった…
とても切ない、辛いシーンで
印象的でした。

 

 

※関連記事↓

トレース科捜研の男1話の視聴率と感想まとめ!科捜研の女のパクリで炎上?

トレース科捜研の男2話の見逃し配信は?動画の無料視聴方法!

↑トレース全話の見逃し配信の
視聴方法についてはこちらから!

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ