ボルヴィックのCMでジュディマリの曲をカバーしているReinaKitadaって誰?

私が最近気になるCMについて
書いていきます。

 

 

そのCMはモデルのemma(エマ)さん
が出演する“Volvic+Vitamin”です。
 

 

【スポンサードリンク】


 

 

 

もちろん最初はCMに出てる子は
誰かなー?と気になったのですが、
調べてみると、以前にも私がチェックしていた
emmaさんだったんです。

 

 

今回はCMでJUDY AND MARYの
“Over Drive”を歌っている
歌手について調べてみました!

 

 

【スポンサードリンク】


 

 

ボルヴィックのCMでジュディマリの曲をカバーしているReinaKitadaって誰?

CMって曲もかなり印象に残りますよね。
特に知っている曲だったら余計に。

 

 

私はジュディマリのOver Driveが
大好きなのですごく反応しちゃいました。

 

 

でもYUKIの声じゃないし、
日本語じゃないし…
かなり気になっていたんですよ。

 

 

調べてみると
日本人の『Reina Kitada』という
女性が歌っていました。

 

 

プロフィールをまとめます!

reina kitada プロフィール

名前:Reina Kitada
生年月日:1985年11月8日(29歳)
出身地:東京都
居住地:フランス・パリ
ジャンル:ジャズヴァイオリニスト、シンガー
所属:株式会社 ステイミュージック

 

 

経歴がめっちゃすごいんですよ!

 

武蔵野音楽大学付属幼稚園卒園。
国立音楽大学付属小学校、中学校、高校卒業。
2004年18歳の時一人フランスに移リ住む。
Centre des Musiques Didier Lockwoodに
日本人として初めて入学。
ジャズ・ヴァイオリンをDidier Lockwood師事。
Didierはじめ様々なミュージシャンにジャズを師事。
在学中から日本とフランスで演奏活動を開始。

 

STAY MUSICホームページより引用

 

 

音楽をするために生まれてきた
みたいな経歴でしょ?(笑)

 

 

ご両親が音楽家だったりするのかも
しれませんね?
ジャズヴァイオリンというのが
珍しいですよね。
日本人でもあまりいなさそう。

 

 

ボルヴィックのCMでは
Over Driveをフランス語に
訳して編曲もしているんです。

 

 

普段はこんな音楽を演奏しています。

 

 

2曲目、3曲目あたりが
私は好みです♪

 

 

ジャズのかっこいい要素の中で
フランス語の歌詞が曲全体を
柔らかくしているような、
聴きやすいなーと感じました。

 

 

これからもCM曲などで
彼女の音楽が聴けたら良いですね!

 

 

活躍を願っています!

 

 

【スポンサードリンク】








コメントを残す

サブコンテンツ