表参道高校合唱部の3話の感想!歌は感動したけどストーリーの評判はあまり良くないみたい

2015年7月31日に
TBSで第3話が放送された
表参道高校合唱部』は
視聴率はあまり良くないものの
合唱シーンが感動を呼んでいます。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

3話は

 

野球部員の桜庭大輔が
野球部で補欠にもなれず
部内で孤立しており、
野球部を辞めるかどうか
悩んでいた。

 

紅白戦に出場する桜庭を
応援するために合唱部が
桜庭が好きだと言っていた
“TOMORROW”を歌う。

 

ヒットを打たなければ
野球部は退部すると約束していた
桜庭だが、案の定ヒットは打てず
野球部は辞めたものの、
合唱に感動した桜庭が合唱部に入部、
ピアノの伴奏をしたいという
桐星成実も入部し、合唱部の存続が
決定した。

 

 

というあらすじでした。

 

 

表参道高校合唱部の3話の感想!
歌は感動したけどストーリーの評判はあまり良くないみたい

 

 

感想を書いていきます。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

表参道高校合唱部の3話の感想!

表参道高校合唱部 3話 感想

今回のストーリーのメインの
メンバーとなった桜庭大輔役は
俳優の“堀井新太”さんでした。

 

 

堀井さんと言えば朝ドラの
“マッサン”に出演していたことが
記憶に新しく、私は結構堀井さんに
注目していたので、今回の3話は
とても楽しみでした!

 

 

野球部員の役が似合う坊主頭は
そのままマッサンの一馬でしたね(笑)

 

 

ネットでは予告で流れていた
城田優さん演じる有明先生と
神田沙也加さん演じる瀬山先生の
“マイバラード”がかなり注目されていました!

 

 

3話の名場面は城田さんと神田さんの
ミュージカル風のハーモニーだったのでは
ないでしょうか(笑)

 

 

マイバラードは私も学生時代に
歌いましたし大好きな曲なので
思わず終わってからyoutubeで
聴いてしまいました!

 

 

ちなみに毎回合唱部の合唱シーンは
じーんと来ていたのですが
今回のTOMORROWで初めて涙してしまいました…

 

 

曲も良いし、桜庭くんを
一緒に応援している自分がいて
何だかかなり感情移入。

 

 

あー、若いっていいな、
青春やなって思える回だったと
思います!

 

 

 

歌は感動したけどストーリーの評判はあまり良くないみたい

1話はOver Driveの印象が
強かったのもあり
2話は不登校生徒の合唱部復活に
感動したのは良かったけど、

 

3話は1時間以内に無理矢理
色々なことを詰め込んだ感じがあり
展開が早かったのがちょっと
残念だった気がしました。

 

 

ピアノの桐星成実が
突然入部したところが
一番違和感がありましたね。

 

 

まだ次4話だから、メンバー
が増えていくのももうちょっと
ゆっくりで良いのではないかなと。

 

 

ただ、有明先生の過去の事件の
ことや真琴の両親の思い出の
愛の歌が何なのか、
谷優里亞のこれから…とか
気になることが多すぎるので
これからはその辺りがストーリーの
メインになってくるのでしょう。

 

 

合唱のインパクトがなくなってくる
のだけは避けてほしいですね。

 

 

合唱を楽しみにこれからも
見続けたいと思います。

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ