サニブラウンアブデルハキームの高校はどんな学校なの?父母の国籍も気になる。今ハーフアスリートが熱い!

中国・北京で行われている
陸上の世界選手権で
2015年8月25日に男子200メートルの
予選が行われました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

そこに出場した日本人選手、
藤光謙司選手、高瀬慧選手、
サニブラウン選手が準決勝へ
駒を進めています!

 

 

今回はこの種目で大会最年少の
16歳『サニブラウン』選手に
注目してみました。

 

 

サニブラウンアブデルハキームの高校はどんな学校なの?
父母の国籍も気になる。今ハーフアスリートが熱い!

 

 

見るからに純日本人ではない
サニブラウン選手の素顔は?

 

 

どんな学校に通っているのかも
気になったので調べてみました!

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

サニブラウンアブデルハキームの高校はどんな学校なの?

サニブラウン プロフィール

サニブラウン選手の本名は
サニブラウンアブデルハキーム
といいます。

 

 

国籍はもちろん日本なのですが、
お父さんがガーナ人
お母さんが日本人というハーフです。

 

 

両親についての情報は
この後詳しく書いていきますね。

 

 

1999年3月6日生まれの
現在16歳、高校2年生です。

 

 

身長187cm、体重74kg
と男子200メートル予選で
同じ組で走った1着のガトリン選手と
ほとんど変わらない体格なんですね。

 

 

体格だけでも大物感が
伝わってきます!

 

 

サニブラウン選手はお母さんの勧めで
小学校3年生の時に陸上を始めて
城西大学附属城西中学校・高等学校
に入学しました。

 

 

陸上部は国体に出場するほどの
東京、関東ではレベルの高い
学校です。

 

 

サニブラウン選手が飛び抜けて
すごい選手だということは
言うまでもありませんが。

 

 

系列の大学に医療系の学部が
多いこともあり
系列大学以外の医療系大学に
進学する生徒も増えているとか。

 

 

野球、陸上で全国大会を目指す生徒や
芸能活動を行う生徒の活動を支援するクラス
もあるようで、勉強以外の分野でも
活躍する場を提供しています。

 

 

これも歴代の生徒たちの
活躍があったからこそだと
思うので、サニブラウン選手を
目指して陸上部に入部する
生徒もどんどん増えていきそうですね!

 

 

 

父母の国籍も気になる。今ハーフアスリートが熱い!

最初にも書きましたが
サニブラウン選手は
お父さんがガーナ人、
お母さんが日本人のハーフです。

 

 

でも生まれは福岡県で
国籍はもちろん日本。

 

 

実はお父さんは元サッカー選手、
お母さんは高校時代にハードルで
国体に出場した経験のある
アスリート一家でもあります。

 

 

陸上を始めるまでは
サッカーもしていたサニブラウン選手。

 

 

親の血ってやっぱりすごいんですねー
どちらのスポーツも経験した上で
両親が見極めて現在のサニブラウン選手が
あるんだなと思いました。

 

 

今年は高校野球でも
関東第一高校の“オコエ瑠偉”選手が
注目されていました。

 

 

オコエ選手はお父さんが
ナイジェリア人ですね。

 

オコエ瑠偉(関東第一)の父母の国籍はどこなの?ドラフトで巨人の上位指名が濃厚らしい

 

 

こんな一度にハーフ高校生の
活躍が見られるなんて
滅多にないことだと思います。

 

 

ハーフであることを武器に
これからももっともっと
活躍の場が広がることを
願っています!

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ