コウノドリ(ドラマ)の5話のみんなの感想はどうだったのかな?14歳の母を演じた山口まゆの評判も気になる。

2015年11月13日、
TBSのドラマ『コウノドリ』の
5話が放送されました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

毎回毎回色々な出産の形があって、
今回はどんな妊婦さんが出てくるん
だろうと楽しみにしている反面、

 

世の中の出産事情を考えさせられる
時間になって心が苦しくなることも
よくある私です。

 

 

今回は8ヶ月になるまで
妊娠に気付かずに出産を
した中学生のお話でした。

 

 

それと共に養子縁組の話も
出てきましたね。

 

 

コウノドリ(ドラマ)の5話のみんなの感想はどうだったのかな?
14歳の母を演じた山口まゆの評判も気になる。

 

 

5話の感想をまとめてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

コウノドリ(ドラマ)の5話のみんなの感想はどうだったのかな?

まさに“14才の母”というドラマが
今からちょうど9年前に志田未来さんの
主演で放送されていましたよね。

 

 

その時も中学生の妊娠って衝撃でしたが、
9年経ってもその衝撃はやっぱり変わらない。

 

 

最近の子は大人びているとか
思っていてもやっぱり中学生は中学生
なんですよね。

 

コウノドリ 5話 感想

コウノドリの14歳の妊婦・玲奈が
初めてエコーで我が子を見た時の
「CGみたい。」というコメントは
今時やなーと思いましたが、

 

中学生の素直な感想なんやと
思いました。

 

 

でもたった2ヶ月であそこまで
母親として、子どもに幸せになってほしいと
願うほど、中学生が成長するものなのかが
私は疑問に思いました。

 

 

実際に私の周りに中学生で
出産した子もいないし、
そんな話も聞いたことないし、

 

ドラマだからそうやって
お腹にいる赤ちゃんが妊婦さんを
母親に成長させてくれる
というふうに描いているだけ
なんじゃないかなって冷静に
考えてしまったんですよね。

 

 

もちろん色んな人がいるとは
思いますけど。

 

 

でもネットの感想を見ていて、

 

 

中一の娘とみました。私は初回から全部見てますが、
娘は、見ていませんでしたが今回だけは一緒にみようと決めてました。
いろいろ考えられさせられますね。
赤ちゃんを見たときの嬉し涙と、連れて行かれたあとの悲しい涙。
見ていて辛かったです。 現実に日本のどこかで
毎年起きていることなんですよね。きっと。

 

知り合いに中学生で子供を産んで
養子に出した娘さんがいますが、
8年経った今も精神的にとても不安定です。
中学生の出産は、重すぎる。勿論、一生、
重い十字架を背負って生きて行ってほしいと思います。
そして、これから間違いを犯す中学生がいなくなることを望みます。

 

私自身養子を育ててる事もあり
特に熱くなりました。
我が子がいて本当に育てる事が出来るのか?
心配は育てていく中でなくなっていきました。
子供には中学生になる前に産んだ母親がいる事を伝えました。
その時に【ママのお腹から産まれたかった】と
泣かれた時は辛かったですが、きちんと受け止めてくれました。
今回妊娠し胎動を感じながら母親の気持ちが
芽生えて行く過程がとても切なく養子に出す選択をした事…
出産後赤ちゃんを抱きしめながら感動の涙から
手離す辛さに泣く姿が母親だなーっと思いました。
養子だから不幸ではないと思うし
【生まれてきてくれてありがとう】
【産んでくれてありがとう】
の言葉が凄く心に残りました。

 

 

実際に中学生の子を持つ親、
中学生で出産した知り合いがいる方、
養子を育てているという方、

 

そんな方たちの生の意見が
すごく身に染みました。

 

 

もちろん実際に経験しないと
わからないことばかりですが
こうやって経験者が気持ちを伝えて、
それを読んで、聞いて、自分の中で
考えを新たにすることも
すごく大切なことだと思います。

 

 

もちろん、このドラマ自体も
妊娠や出産に対して考え直させてくれる、
色々な世界を見せてくれる
素晴らしいドラマだと
今回改めて感じました。

 

 

 

14歳の母を演じた山口まゆの評判も気になる。

今回14歳の母親役を演じた
山口まゆ”さんの演技についても
評判が良いようです。

 

 

中学生の母役の子は存じ上げませんが、
特に陣痛とその後のお別れシーンがとても上手でした。
二度陣痛を経験していますが、
実際に自分の陣痛を思い出すほどリアリティがあり、
ただ痛がっている演技とは違いました。

 

「CGアニメみたい……」
という言葉から、段々母親になっていく
表情が印象的でした。
胎動を感じ、母親になるんだ……という実感が増し、
一緒に頑張ろうとまで思える気持ちの変化。
きっと、出産後の涙を見て里親には渡したくない!
という思いが増したのではないでしょうか。
だけど、自分は育てられないという現実。
つらかったでしょう。

 

 

私は5話の予告を見た時から
山口まゆちゃんならやってくれると
確信していました!

 

コウノドリ 5話 山口まゆ

まだデビューして1年なのに、
ドラマでは“昼顔”、“アイムホーム”
映画では“くちびるに歌を”
などの話題作に次々に出演している
期待の女優さんです。

 

 

「CGアニメみたい」と言った時の
あっけらかんとした表情や話し方、
赤ちゃんの父親である亮と胎動を
感じている時の優しい表情、
そして出産のシーン…

 

色々な演技ができる
女優さんなんだと改めて
思いましたね。

 

 

今回の山口さんの演技で
一番良かったのはやはり、

 

我が子に出会えた時の喜びの涙から
離ればなれになってしまった時の
悲しみの涙に変わった瞬間

 

でした。

 

 

本当は育てたかったんやろうな。
でも赤ちゃんの幸せを考えた
玲奈は本当に立派やったと思います。

 

 

それでもただただ見ていて
産まれてすぐに引き離された
玲奈の気持ちを考えると
辛くて辛くて…

 

 

山口さんのこの演技が
同世代の子たちにも何か
感じてもらえる、考えてもらえる
きっかけになれば良いなと思いました。

 

 

【スポンサードリンク】







4 Responses to “コウノドリ(ドラマ)の5話のみんなの感想はどうだったのかな?14歳の母を演じた山口まゆの評判も気になる。”

  1. 奥村 より:

    一児の母です。2ヶ月で母親まで成長させてくれる。これはあります。それがお腹の中にいる赤ちゃんの力です。

    • keiko より:

      奥村さん。
      コメントありがとうございます。
      私も早くその経験を味わってみたいですね…
      ドラマを見て赤ちゃんの力にはいつも驚かされています。

  2. […] コウノドリ(ドラマ)の5話のみんなの感想はどうだったのかな?14歳の母を演じた山口まゆの評判も気になる。 […]

  3. […] コウノドリ(ドラマ)の5話のみんなの感想はどうだったのかな?14歳の母を演じた山口まゆの評判も気になる。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ