寒暖差アレルギーと花粉症の症状ってどう違うのかな?対策を考えてみた。じんましんが出るのは辛いよね…

寒暖差アレルギー』という
言葉を初めて耳にしました。
別名“血管運動性鼻炎”。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

アレルギーと言われるぐらいですから
鼻水、くしゃみが主な症状のようです。

 

 

それだけを聞くとこの時期なら
花粉症と見分けがつかない気も
しますよね?

 

 

寒暖差アレルギーと花粉症の症状ってどう違うのかな?
対策を考えてみた。じんましんが出るのは辛いよね…

 

 

寒暖差アレルギーについての
情報をまとめてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

寒暖差アレルギーと花粉症の症状ってどう違うのかな?

寒暖差アレルギー 症状

寒暖差アレルギーは
自律神経の乱れによって
生じるアレルギー反応です。

 

 

単純に寒暖差が激しいと
自律神経が乱れる、
そういったことで表れます。

 

 

花粉症は花粉に対する
アレルギー反応が起こる
ことで鼻水やくしゃみが出ます。

 

 

何によって症状が出るかで
まず寒暖差アレルギーと花粉症は
違いますね。

 

 

寒暖差アレルギーの症状には
鼻水(水っぽい、透明)、鼻づまり、くしゃみ、
咳、食欲不振、不眠、イライラする、疲れやすい

 

こういうものが表れてきます。

 

 

気候の変化や温度差による環境の変化や
ストレスなどの外的要因が関連しているのでは?
と言われています。

 

 

朝晩の気温差はもちろん、
ここ最近は最高気温が一日で
10℃以上も違うなんてことが
ありましたよね。

 

 

一方で冬だけじゃなくて夏にも
寒暖差アレルギーはもちろん
起こります。

 

 

異常気象で猛暑が続いたと
思ったら急に涼しくなったり…

 

 

一年中起こりうるアレルギーなんです。
と言ってしまうと、花粉症も人によっては
一年中症状が出る人もいますけどね…

 

 

寒暖差アレルギーは
花粉症+風邪の初期症状
という考え方がわかりやすいかも
しれません。

 

 

何か風邪みたいな症状がなかなか
治らないという方は
この寒暖差アレルギーを疑ってみましょう。

 

 

花粉症と明らかに違う症状としては
目の炎症は起こらないということです。

 

 

花粉症って鼻水、くしゃみ、目のかゆみ
この辺が主な症状になりますが、

 

寒暖差アレルギーには
目の充血などは起こりません。

 

 

私みたいに花粉症でも目に症状が
出ない場合もありますけどね(笑)

 

 

今回この寒暖差アレルギーというのを
調べてみて、私自身、心当たりが
いくつもありました。

 

 

元々花粉症がひどい私ですが、
ここ数年は薬で抑えたり、
今年に至っては薬もまだ飲んでいません。

 

 

これはめんどくさくて病院に
行っていないだけなんですが(笑)

 

 

でもそこまでひどい症状はなく、
外に出た時に一瞬鼻がムズっと
すると「あ、きてるな」と感じる程度。

 

 

それでも鼻水は何か出るし、
めっちゃ疲れやすいと感じることが
よくあるし、生理でもないのに
イライラすることがあるし、

 

精神的に思い当たることが
すごく多いように感じました。

 

 

寒暖差アレルギーは熱が出ないとも
書いていましたが、
私の場合、今年に入ってから
別に風邪っぽくないのに朝晩になると
微熱が出たりすることがすごく多いんです。

 

 

これって寒暖差アレルギーの症状の
一つなんじゃないかな?

 

 

単純に疲れが出てるんやと思ってましたけど、
寒暖差アレルギー→疲れやすい→微熱
そんなサイクルになっているような
気がします。

 

 

 

対策を考えてみた。じんましんが出るのは辛いよね…

寒暖差アレルギーの対策は
とにかく自律神経を整える
ということが先決です。

 

寒暖差アレルギー 対策

・シャワーで済まさずお風呂に浸かる
・下半身を冷やさない
・マスクをする

 

こういったことが症状を
和らげるのに効果的です。

 

 

マスクは、鼻の粘膜で温度差を
感じて症状が出るので外に出る
時にした方が良いんですって。

 

 

私は必然と上の3つの対策は
行っていました。

 

 

会社のフロアが寒くて
膝掛けは欠かせないし、
今は電気スリッパも履いています(笑)

 

 

正直電気スリッパはやり過ぎかなって
思っていたんですが(笑)、
この寒暖差アレルギーのことを知って
自信を持って電気スリッパを活用しようと
思いました!

 

 

そして一番厄介な症状に
じんましんがあるんですが、

 

これは激しい温度変化で
起こるものです。

 

 

お風呂に入った時に身体が
かゆくなる、あんな感じかなと
思います。

 

 

寒暖差アレルギーのじんましんは

 

・こたつに入る
・素足で床を歩く

 

こういった時にも起こるそうです。

 

 

普段の生活の中で起こりうることなのが
寒暖差アレルギーの怖いところですよね。

 

 

よほどじんましんがひどい場合は
もちろんすぐに受診しましょう。

 

 

他の症状も薬で抑えられることは
ありますが、寒暖差アレルギーは
完治することはないアレルギーだと
言われています。

 

 

自分で自律神経を整える対策を
しっかりとしていきましょう!

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ