モーリーロバートソンのプロフィールをまとめてみた。ユアタイムのキャスターにネットの反応はイマイチ…カミングアウトが原因なの?

学歴詐称疑惑で話題になっていた
経営コンサルタントの“ショーンK”さん。

 

メインキャスターを務める予定だった
フジテレビの番組“ユアタイム”の
後任キャスターとして
モーリー・ロバートソン』さんが
内定しました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

ショーンKさんに関しては
こちらの記事にまとめてみました。

 

ショーンマクアードル川上の高校と大学はどこなの?学歴詐称よりも整形の方が気になるw週刊文春の画像はあるのかな

 

 

モーリー氏は正真正銘の
ハーフで高学歴の持ち主だそうです(笑)

 

 

どんな方なのか気になったので

 

 

モーリーロバートソンのプロフィールをまとめてみた。
ユアタイムのキャスターにネットの反応はイマイチ…カミングアウトが原因なの?

 

 

ということで調べてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

モーリーロバートソンのプロフィールをまとめてみた。

モーリーロバートソン ユアタイム

名前:Morley Robertson(モーリー・ロバートソン)
生年月日:1963年1月12日(53歳)
出身地:アメリカ合衆国
ジャンル:DJ、ミュージシャン、ジャーナリスト

 

 

モーリー氏はニューヨークで
スコットランド系アメリカ人の父と
日本人の母の間に生まれたハーフです。

 

 

5歳の時にお父さんの仕事の転勤で
広島県に行き、
中学2年生の時に再び転勤で
アメリカに戻っていますが、

 

両親の別居をきっかけに
すぐにお母さんの実家のある
富山県に移住しました。

 

 

高校は“富山県立高岡高等学校
大学は“東京大学理科一類”中退
ハーバード大学卒業

 

 

モーリー氏のハーバード大学卒業は
本当らしいですよ(笑)
華々しい学歴を持つモーリー氏ですが、
これまでメディアへの目立った出演は
ほとんどありません。

 

 

BSスカパーで放送中の報道番組
“Newsザップ!”のコメンテーター
として活躍中です。

 

 

ちなみにこの番組には
ショーンKさんもコメンテーター
として出演中。

 

 

私はBSをほとんど見ないので
知らないだけかもしれないですけど…
知る人ぞ知るコメンテーター、
ジャーナリストのようですね。

 

 

モーリー氏のネット配信番組を
少し見てみましたが、
なかなかぐいぐい喋る外国人という印象(笑)

 

 

モーリー氏がどんな人なのかは
動画で実際に見てみるのが良いのかも
しれませんね。

 

 

 

ユアタイムのキャスターにネットの反応はイマイチ…カミングアウトが原因なの?

モーリー氏を知る人たちの
今回のユアタイムのキャスター内定
についての反応にすごく差があって
驚きました。

 

 

モーリーロバートソンとショーンKは全然キャラ違うのだけどなぁ。
似たところでキャスティングしたとは思わない。

 

ショーンKさんの後任にまさかのモーリーロバートソンさん
ある意味こっちの方がヤバいし濃いわ〜

 

ショーンK→モーリーロバートソンとは全く読めなかったが、
やっと時代が追いついてきたって感じですね。

 

ショーンKをパージして、モーリーロバートソンを引き入れるってのは、
「万引き犯をパージしたら、殺人者が代わりに入ってきた」ってぐらい、
最悪のパターンではないか。

 

モーリーロバートソンは経歴はバッチリだけど
ガチな変人だからすぐ降板しそう

 

 

結局はモーリー氏はすごく
変わった人だから
・地上波には向いていない
・単純におもしろそう

 

そんな感じで意見が真っ二つ
なんですかね。

 

 

そして気になる“カミングアウト”
というキーワード。

 

 

モーリー氏が同性愛者であるという
カミングアウトをしたという風に
捉えられたようですが、

 

実際にはカミングアウトした同性愛者に
対して理解を示したということです。

 

 

実際のモーリー氏のツイートがこちら。

 

 

日本のLGBTシーンはおおまかに言うと「住み分け」をしてきたと思います。
自分からわざわざ社会に「ぼくはゲイです。認めて下さい」
と発信するのは野暮、面倒くさい、なんでそんなことをするの?
別にいいじゃん…的な。これまではそれで確かにうまく行っていたので、
日本の中の局所的には正解。

 

マイノリティーのコミュニティーが単独で存在し得ない以上、
マジョリティーの理解を得る、あるいは対等に相互理解を築く
という努力をする宿命にある。理解を勝ち取るのは
マイノリティー側です。なぜならマジョリティー側は
「寝た子を起こすな」であり、既存の価値観や秩序が
変わることを望まないから。

 

 

個人的には言っていることは
よくわかるし、理解できる部分も
ありますよね。
応援するのは自由だし。

 

 

でもマイノリティに対して
“マジョリティーの理解を得る、
あるいは対等に相互理解を築く
という努力をする宿命にある。”

 

なんてそんな言い方したら
そりゃ炎上するわなって話。

 

 

ジャーナリスト、コメンテーター
って難しい職業だなーと
実感しましたね。

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ