あさが来た(朝ドラ)の最終回のネタバレと感想まとめ。視聴率も気になる!ラストシーンのロケ地はどこだったの?

2016年4月2日、朝の連続テレビ小説
あさが来た』が最終回を迎えました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

こんなにもドラマの中でストーリー、
主題歌、登場人物、その他諸々に
ハマった朝ドラは今までになかったと
思います。

 

 

最終回を迎えるのが寂し過ぎて
私は五代ロス、正吉ロス、新次郎ロス
色々となりましたが、
もう全てひっくるめてあさロスです!

 

 

大好きな朝ドラの最終回について

 

あさが来た(朝ドラ)の最終回のネタバレと感想まとめ。
視聴率も気になる!ラストシーンのロケ地はどこだったの?

 

という感じでまとめてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

あさが来た(朝ドラ)の最終回のネタバレと感想まとめ。

最終回は新次郎の四十九日の法要で
姉のはつが白岡家を訪ね、
あさと「お互いに御家をしっかり守れたよね」
という会話で始まりました。

 

 

そうでしたね、最初の女性としての
役割は旦那様を支えて御家を守る
という母親・梨江の言葉から
始まっていたのかもしれません。

 

 

改めて実業家としてだけじゃない、
女性としての色々な生き様を
見せてくれたドラマだったんだと
思いました。

 

 

はつは和歌山に帰り、次男の
養乃助に2人目の子どもが産まれる
ことを告げられ喜び、空に向かって
惣兵衛にも報告。

 

 

白岡家には亀助が娘・ナツを
連れて東京の学校に通うことに
なったと報告にきました。

 

 

その成長したナツを演じていたのが
ふゆを演じていた清原果耶さん♪

 

 

私が思うに、演技はまだまだぎこちないけど
ふゆの印象がやっぱり強いですね。
結婚してからの亀助とふゆの絡みも
もっと見たかった!

 

 

と思ったらそういえば4月23日には
亀助さんのスピンオフが放送されますよー!
これは見なきゃ!ですね。

 

 

最終回のネタバレに戻ります(笑)

 

 

新次郎が亡くなって6年後。
洋装で登場したのは宜(のぶ)。
留学から帰ってきたのです。

 

 

それを出迎えた千代は
何と3人の女の子を育てており、
さらにまたお腹の中には4人目の
子どもが!

 

 

女性が活躍する話やけど、
千代も女の子ばっかり産むなんてね(笑)

 

 

そういえば榮三郎の子どもも
二人とも女の子でしたね。

 

あさが来た 最終回 視聴率

そして最後は別荘地とされる場所で
芝生の上で女性を集めてあさが
女性の生き方について語るなど、

 

色々な女性が自分の得意分野について
講義をしているという様子が描かれました。

 

 

最後の最後にあさの視線の先に
現れたのは新次郎。

 

 

新次郎の元に駆け寄り、手を取り合って
「よう頑張ったな」とあさに新次郎が
声をかけ、二人が見つめ合っている
シーンでストーリーは幕を閉じました。

 

 

私はこの最後のシーンを見て
女性の奮闘を描いたドラマでしたが、

 

最後に新次郎さんが出てくるというのは
やっぱり旦那さまに支えてもらっていたからこそ
成し遂げられた、人生を全うすることができたん
だと感じました。

 

 

女性に産まれて良かったな
という想いも強くなったし、
だからこそもっと頑張れる勇気も出た。

 

 

でも一人では何もできないから
やっぱり周りの家族や旦那さまが
いてこその自分なんだなと

 

最終的には朝ドラにビッタリの
家族愛を感じられるドラマでしたね!

 

 

 

視聴率も気になる!ラストシーンのロケ地はどこだったの?

最終回の視聴率は
27.0%
でした!

 

 

私の中では25%は超えるかな、
30%とかいったらすごいなー

 

という感じだったのですが、
全話の最高視聴率27.2%に次ぐ
記録だったということで
改めて視聴者の期待度の高さを
知ることができました。

 

 

ちなみに全話平均視聴率は
23.5%ということが発表され、
今世紀最高視聴率になりました!

 

 

朝から20%以上の視聴率を
維持し続けるって本当にすごい
ですよね。

 

 

最後のあさと新次郎が
菜の花畑で再会するシーン、
あそこで涙された方もたくさん
いらっしゃったでしょう。

 

 

あの菜の花畑のシーンは
淡路島のあわじ花さじきという
観光スポットです。

あさが来た 最終回 ロケ地

 

ちょうど撮影した時期から
今の時期にかけて菜の花が
咲いているということで、

 

あさと新次郎さんのシーンを
視聴者も再現できそうですね(笑)

 

 

今月は観光客が急増しそうですね!

 

 

私も機会があればあさの気分を
味わってみたいです♪

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ