OUR HOUSE(ドラマ)の1話の感想を書いてみた。評判もよくなさそう…主題歌は良いんやけどな!

2016年4月17日からスタートした
フジテレビの日曜夜9時のドラマ
OUR HOUSE』を見てみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

この日はこのOUR HOUSEと、
TBSの“99.9”と“科捜研の女スペシャル”
がありましたね。

 

 

我が家はサスペンス大好きなので
今日も科捜研の女を見るかと思い気や、
シャーロットが出ているからと
科捜研は録画、OUR HOUSEを見ることで
落ち着きました。

 

 

個人的には“99.9”がおもしろそうだったので、
こちらも録画で後でゆっくり見ます。

 

 

OUR HOUSE(ドラマ)の1話の感想を書いてみた。
評判もよくなさそう…主題歌は良いんやけどな!

 

 

リアルタイムで見たドラマの
感想を書いていきたいと思います。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

OUR HOUSE(ドラマ)の1話の感想を書いてみた。評判もよくなさそう…

OUR HOUSE 1話 感想

注目は中学生の桜子役の芦田愛菜ちゃん。
そして桜子の父・奏太を山本耕史さん、
そして奏太の再婚相手・アリスをシャーロットケイトフォックスさん
が演じています。

 

 

パッと見たドラマの印象は
愛菜ちゃんの演技がちょっと
わざとらしいかなーと。

 

 

上手いんやろうけど、
あんまり受け入れられない演技
かもしれません。

 

 

実際にネットでの感想も
愛菜ちゃんの演技で脱落したという
声も多かったですね。

 

 

芦田愛菜ちゃんの力み過ぎの演技と意地の悪いセリフの連発に
見ていて疲れました。

 

超絶ダメな父親に、しっかり者の長女なのは分かるけど、
今どきの中学生ってあんなに生意気?可愛げがなさ過ぎて
見てられないので途中でリタイアしました。

 

芦田愛菜のセリフ、毒があり過ぎる。 品がない。
見ていて聞いていて不快になる。

 

 

個人的に一番気になったのは、
妻に病気で先立たれて
半年後にアメリカ人の再婚相手を
連れてきた父親がありえないなと…

 

子どもが怒るのもそりゃわかるし、
子どものこと思ったらそんなん
できんやろう。

 

 

ミュージシャンやからオープンで
自由なのはわかるけど(笑)

 

 

愛菜ちゃん以上に山本さんの
ダメ男感に腹が立ってしまいました。

 

 

そして私の中ではやっぱり気になるのは
山本さんが吹いているサックスについて。

 

 

私も趣味でサックスをやっているので
どんな楽器を使っているのか、
色々と気になることが多かったですね。

 

 

とりあえず吹き方は変やし、
練習はしていると思うけど、
吹き替えは使っているでしょう。

 

 

これからサックスで吹く曲は
楽しみにしたいところですね!

 

 

ストーリーの中では、桜子とアリスの
料理対決でお母さんのレシピ本を
見ながら涙する桜子。

 

 

そこで声をかけるアリス。

 

 

そのシーンが一番印象に残っています。
そこだけすごく桜子の気持ちが伝わってきて
感動しちゃいました。

 

 

予想以上に良かったのは
加藤清史郎くん!

 

 

予想以上にというか、
最初見ていて気付きませんでした(笑)
存在がとても自然。

 

 

もっともっと清史郎くんを出していった方が
いいんじゃないかなと思います!

 

 

 

主題歌は良いんやけどな!

主題歌はオフコースの“愛を止めないで”。
なぜこのドラマにこの曲?

 

 

曲は良いけど、あまりドラマに合っていない
ように思うのは私だけでしょうか?(笑)

 

 

“ほっこり”するドラマを謳っているようですが、
それは主題歌だけ。

 

 

ドラマ自体はドタバタ劇なので、
もっとアップテンポなポップスで
良かったのではないかなーと
思います!

 

 

【スポンサードリンク】







5 Responses to “OUR HOUSE(ドラマ)の1話の感想を書いてみた。評判もよくなさそう…主題歌は良いんやけどな!”

  1. hisaakinori より:

    面白そうで毎週録ろうと予約して、いざ1話見ましたが・・・なんといいます愛菜ちゃん演じる娘役が生意気すぎる。最初の方はまともなのに、終盤ではただ身勝手に振る舞っているようにしか見えない。見てもホッコリどころかモヤモヤとストレスを感じる。よって、二話以降の録画予約を取り消してもう見ません

    • keiko より:

      hisaakinoriさん。
      コメントありがとうございます。
      確かに最初の方はしっかりした娘さんという感じでしたね。
      おば役の松下由樹さんも出戻りで何もしないというのが
      気になりましたが…
      視聴率がよくなかったのも納得です。

  2. […] OUR HOUSE(ドラマ)の1話の感想を書いてみた。評判もよくなさそう…主題歌は良いんやけどな! […]

  3. nzwhbnta より:

     大家族の中で母親が突然失われた際に家族を引っ張っていこうとする伴桜子(芦田愛菜)の姿に私も感銘を受けましたが、伴奏太郎(山本耕史)が家族と話し合いを行わずに新しい妻を再婚相手として率いれたことについて疑問を感じました。それが原因となって、思春期にさしかかっている伴桜子(芦田愛菜)の心理的な不安定を増大させたのではないかなと思います。
     やはり、不満を感じている人たちがいたら、じっくりと話を傾聴するべきであると私も思いますね。

    • keiko より:

      nzwhbntaさん。
      コメントありがとうございます。
      芦田愛菜ちゃんだったらもっと思春期の複雑な
      想いなどを上手く表現できたかもしれないのに…
      と設定、脚本に残念な気持ちでいっぱいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ