鈴木明子の出身小学校と実家の割烹料理屋(和乃屋)がどこなのか気になる!結婚相手と地元が同じっていいよね♪

鈴木明子 小学校

元フィギュアスケーターの『鈴木明子』さん(31)が
小学校の同級生と結婚することが
わかりました。

 

おめでとうございます☆

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

鈴木さんは2010年のバンクーバー五輪、
2014年のソチ五輪で2年連続入賞を果たし、
2014年3月に現役を引退しました。

 

 

現在は解説者や、2015-16シーズンでは
本郷理華選手のショートプログラムの
振り付けを担当するなど、
引退後も活躍していますね。

 

 

鈴木明子の出身小学校と実家の割烹料理屋(和乃屋)がどこなのか気になる!
結婚相手と地元が同じっていいよね♪

 

 

ということで旦那さんとの出会いの場、
再会の場についての情報を
まとめてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

鈴木明子の出身小学校と実家の割烹料理屋(和乃屋)がどこなのか気になる!

鈴木さんは1985年3月28日、
愛知県豊橋市に生まれました。

 

 

今回判明した結婚相手は
小学校の同級生とのことです。

 

 

鈴木さんと旦那さんが通っていた
小学校は“豊橋市立花田小学校”。

 

 

鈴木さんが現役時代、ソチ五輪の
激励会が母校で行われたことで
明らかになっています。

 

 

ちなみに小学校卒業後は
名古屋市にある中高一貫の
“市邨学園高蔵中学校”
(現在の名古屋経済大学高蔵中学校)
に進学しています。

 

 

小学校時代は学校から
名古屋市内のリンクへ、
中学・高校時代は学校から
名古屋市内の学校へ通うという

 

実家を出ずにスケートのために
往復数時間の通学を続けたそうですよ。

 

 

私なんて、小学校・中学校は地元、
高校は実家から2駅先、
大学も45分程度、さらには
就職先まで実家から自転車で10分
という全て近場で済ませてきたので

 

鈴木さんの生活は考えられないですねー
尊敬に値します。

 

 

小学生が何時間もかけて電車に
乗るなんてなかなかできないですよ。
しっかりとした目標を持っていたからこそ
世界で戦えるスケーターになれたんだなと
改めて思いました。

 

 

実家は割烹料理屋“和乃家(かずのや)”というのは
ファンの間では有名な話みたいですね?

 

鈴木明子 和乃家

所在地は豊橋市花田町字小松148-3
名鉄名古屋本線豊橋駅西口徒歩19分
という隠れ家的な割烹屋さんのようです。

 

鈴木明子 実家

こんな感じで店内には鈴木さんの現役時代の
写真がたくさん並べられています。

 

 

実はもう一店舗あって、
和乃家西駅店はお母さんが
切り盛りしている支店です。
こちらの住所は豊橋市花田一番町189

 

鈴木明子 実家 和乃屋

西駅店は豊橋駅西口から徒歩3分
という駅近の飲み屋さんが立ち並ぶ
一角にあるお店ですね。

 

 

夫婦それぞれでお店を経営しているって
すごいなー。

 

 

 

 

結婚相手と地元が同じっていいよね♪

鈴木さんは旦那さんになられる方と
2015年秋にご実家の和乃家で
再会しました。

 

 

旦那さんも現在実家暮らしということなので
和乃家さんにはよく足を運んでおられたんでしょうね?

 

 

再会してから恋愛関係に
発展したそうですが、
小学校、中学校の同級生と…
というのは少なくない話ですよね。

 

 

私が思うに地元が同じというのは
安心感があるのかなと。

 

 

お互い実家が近ければ
精神的にも支えてもらえるし、

 

鈴木さんは特に実家を離れる
生活が長く続いていたので
地元の方と一緒になることで
ようやく落ち着いた生活をすることが
できるのかなと思いました。

 

 

幸せな家庭を築いて
ショーではまた違った鈴木さんの
演技が見られると思うので
楽しみですね!

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ