台風11号(2016)の最新進路予想を調査!気象庁とヨーロッパで比較してみた

台風7号が過ぎ去ったと思えば、
現在、台風9号、10号、11号が
トリプル台風として発生しています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

いつのまにこんなに!?と驚いている方も
多いのではないでしょうか?

 

 

北海道では台風7号の被害が出ていて
今後も数日の間にさらに影響が出る
ことが予想されます。

 

 

台風11号(2016)の最新進路予想を調査!
気象庁とヨーロッパで比較してみた

 

ということで台風9号よりも
早く日本に上陸するであろう
台風11号について書いていきます。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

台風11号(2016)の最新進路予想を調査!気象庁とヨーロッパで比較してみた

台風11号(20日12時現在)
名称:コンパス
現在地:日本の東
進行方向:北西
速さ:45km/h
中心気圧:994hPa
中心付近の最大風速:18m/s
最大瞬間風速:25m/s

 

 

実は11号は発生したばかりなんですが
日本の東で台風に変わり、
すでに発生している台風9号よりも早く
北陸地方へ近づきます。

 

 

気象庁の最新予想では
こんな感じに進んでいきます。

台風11号 最新 進路 気象庁

 

でも中心気圧はほとんど変わらないまま
進んでいくようなのでそこまで大きな
台風ではなさそうですね。

 

 

ヨーロッパの最新進路では
21日の時点でこんな感じ。

台風11号 2016 最新 進路 ヨーロッパ

 

北海道にあるのが台風11号、
関東地方にあるのが台風9号です。

 

 

そして22日には台風9号が関東地方に
上陸の可能性があります。

台風9号 2016 進路 ヨーロッパ

 

この画像を見てわかる通り、
色が濃ければ濃いほど台風が強いんですが、
台風9号の方が強い台風であることが
わかりますね。

 

 

私の中ではこんなに台風が北海道に
ばかり近づいていくなんて意外です。

 

 

九州や沖縄にはよく来ている
印象なんですが。

 

 

でもこれで日本のどこにいても
台風はいつ来てもおかしくないんだなと
思いました。

 

 

台風の強さに関わらず、11号、9号と
北の方に続けてくるので対策を
しっかりしていただきたいと思います。

 

 

少しでも被害が少ないことを
祈るばかりです。

 

 

そんな私は大阪在住で毎日毎日猛暑。
ちょっとでも雨が降れば良いのになんて
思うのですが、同じ日本でもこんなに
気候が違うんですよね。

 

 

今回トリプル台風が発生したことで
今後もいつどこにどれだけ台風が発生するか
わからないので、どこの地域も対策をしておく
必要がありますね。

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ