聲の形(映画)のあらすじと結末のネタバレを書いてみた!試写会の感想は…

聲の形 映画 感想

アニメ映画『聲の形』の試写会に行ってきました!

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

aikoさんがライブのMC中に
原作の話をして話題になった漫画の
アニメ映画化。

 

 

しかもaikoさんが主題歌ということで
何の気なしに試写会に応募してみたら
見事当選♪

 

 

実際に見てみた感想を書いていきたいと
思います。

 

 

私は原作を見ていないので
それでも楽しめたのか…

 

聲の形(映画)のあらすじと結末のネタバレを書いてみた!
試写会の感想は…

 

ということで書いていきます!

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

聲の形(映画)のあらすじと結末のネタバレを書いてみた!

簡単なあらすじは

 

聴覚の障害によっていじめ(嫌がらせ)を受けるようになった
少女・硝子と、彼女のいじめの中心人物となったのが原因で
周囲に切り捨てられ孤独になっていく少年・将也の2人の
触れ合いを中心に展開し、人間の持つ孤独や絶望、純愛などが
描かれる。物語は2人が小学校時代における出会いの回想から始まる事になる。

 

Wikipediaより。

 

 

私はあらすじを色々なところで読んで

 

将也と硝子が小学校時代はいじめる側、
いじめられる側だったけど、
高校生になって再会して恋に発展する…

 

そんな単純なストーリーだと思っていました。

 

 

でも恋愛だけじゃなくて、二人のそれぞれの
孤独やそれを支える友情が深く描かれていて
意外な内容だったなと思います。

 

 

高校生になった将也は小学校時代からの
孤立をずっと引きずり、ついには自殺を考え
橋から飛び降りようとしますが…

 

 

自殺を思いとどまった将也は
覚えた手話がきっかけで硝子と再会。

 

 

そこから二人を取り巻く人間関係が
どんどんと変わっていきます。

 

 

将也には同じクラスで後ろの席の
友達ができ、
同じクラスで小学校時代に硝子への
イジメを止められなかった女友達、
その子が片想い中で将也と友達になりたいと
思っていたくれた男の子、

 

そして硝子は転校する前に
仲良くしてくれていた子とも再会でき、
さらには将也の硝子へのイジメを一番近くで
見ていた女友達、
硝子の妹…

 

 

これらの人間関係が絡まり合い、
友達として過ごす楽しさを知った
将也でしたが、小学校時代の硝子への
イジメが再度明るみになると

 

新しく出来た友達も離れて行ってしまい、
小学校時代の友達も当時と同じ状況で
イジメていたのは将也だけだったと
周りも避けて行ってしまうのです。

 

 

その状況の中で硝子も生きていることに
思い悩み、家のベランダから飛び降りて…

 

 

しかし、飛び降りた瞬間に硝子を助けた
将也が転落してしまい、意識が戻らなく
なってしまいました。

 

 

将也の無事を祈る仲間たち…

 

 

将也の意識が無事に回復した時には
仲間たちの気持ちにも変化があり、
将也や硝子に正直な気持ちで接してくれる
仲間がいました。

 

 

孤独を感じることも人の顔を見ない癖も
なくなって、真の友情が芽生えていたのです。

 

 

 

試写会の感想は…

小学校時代、高校で孤独を感じている将也、
硝子と再会した時、現代…
と、ころころと場面が変わるので

 

映画を見慣れていない私にとっては
頭の中で場面を切り替えるのに
少し混乱していました(笑)

 

 

全体的な印象としては
最近のアニメ映画ってこんなにキレイな
絵なんやなーと、柔らかい雰囲気なのが
見やすかったです。

 

 

個人的には手話が少しわかるので
映画の中で出てくる手話が簡単な
ものばかりなのもあって
見ていておもしろかったですね。

 

 

ホント、恋愛ものとしか思っていなかったので
見終わってからは、こうやって孤独を感じて
悩んでいる人って、今の時代結構いるんやろうなー
と感じました。

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ