真田丸のすえ役の女優は誰?恒松祐里がめっちゃ美人になった!

真田丸 すえ 恒松祐里

2016年9月18日にNHKの大河ドラマ
真田丸』の37話が放送されました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

今回は信繁と昌幸が九度山に
幽閉されるところが描かれていました。

 

 

それに伴って家族に顔を見せにいく
シーンが多かったわけですが、
やっぱりこの時代って戦いがあってこそ
おもしろいのかなーと思いましたね。

 

 

今日の放送は小休止のような
穏やかな感じがありました。

 

 

注目は信繁と亡くなった梅の娘・すえ
の成長っぷり!

 

 

真田丸のすえ役の女優は誰?
恒松祐里がめっちゃ美人になった!

 

ということですえを演じていた女優さんに
ついて書いていきます。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

真田丸のすえ役の女優は誰?

黒木華さん演じる梅が亡くなった時は
すごく衝撃でした。

 

 

赤ちゃんがかわいそう…

 

 

そう思っていた頃が懐かしく思うほど
いつのまにか時が経っていました。

 

 

今回登場したすえは16歳という設定。
信繁とはずっと離ればなれで
梅の兄が父親代わりでした。

 

 

16歳のすえを演じているのが
女優が“恒松祐里(つねまつゆり)”さん。

恒松祐里 真田丸

 

私の中で思春期の複雑な気持ちを表しつつ、
とても強い目が印象的でした。

 

 

「父と思うのはただ一人…」

 

と信繁…ではないですよねー。

 

 

いや、そりゃしゃぁないわ。
信繁もそう思ってるはず。

 

 

「またお会いできる日を楽しみにしております。」

 

という言葉も心のこもっていない感じが
しょうがないけど、ちょっと切なかったり…

 

 

もう会うことはないんでしょうか…

 

 

 

恒松祐里がめっちゃ美人になった!

すえを演じた恒松さんは、
ちょうどすえと同じ世代の17歳。

 

 

私にとって印象が強いのが
月9“5→9”で石原さとみさんの妹役を
していた時ですね!

恒松祐里 月9

 

明るい家族で恒松さん自身も
楽しそうに演じているのが伝わって
きました♪

 

 

まぁ今回は時代劇なので雰囲気は
変わるとは思いますが、
月9の時のちょっと幼い感じから
かなり大人っぽくなったなーと思いましたね。

 

 

着物姿も似合ってたし、
これからもっと美人になっていきそう。

 

 

お母さん役だった黒木華さんのような
良い意味で素朴な感じの、でも色々な
役ができる女優さんになりそうで
楽しみです。

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ