真田丸(41話)で九度山脱出した村民(九兵衛)役は誰?幸村の家臣になる?

真田丸 41話

2016年10月16日にNHKの大河ドラマ
真田丸』41話“入城”が放送されました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

今回は九度山脱出の方法が
かなり話題になっていますね!

 

 

結び雁金の舞、みんなすごく
素敵でしたー☆
春ちゃんかわい過ぎやろ!

 

 

そして私が気になったのは
九度山の若い村民。

真田丸 九兵衛

 

真田丸(41話)で九度山脱出した村民(九兵衛)役は誰?
幸村の家臣になる?

 

ということで書いていきます。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

真田丸(41話)で九度山脱出した村民(九兵衛)役は誰?

若い村民は“九兵衛”という人物です。

 

演じているのは“大内田悠平”さん。

大内田悠平 真田丸

 

1992年8月2日生まれの
現在24歳です。

 

 

私の印象ではさわやかなイケメンで
これは今後の活躍によっては
ファンも増えるんじゃないか!?
と思いました!

 

 

実はとと姉ちゃんにも出演していた
ということだったので
どんな役だったのか調べてみると、

 

小橋姉妹と対立する三兄弟の
長男役でした!

大内田悠平 とと姉ちゃん

 

あの時もっと幼く見えたけどなー
今回はかなり頼もしい感じの
村の若者でしたね。

 

 

ちなみにその三兄弟の次男役が
真田丸ですえの夫役“加藤諒”さん。

 

 

あの三兄弟も出世したんですね(笑)

 

 

 

幸村の家臣になる?

ところでその九兵衛は今後
どんな役割を果たしていくのか?
気になります。

 

 

一応幸村の新しい仲間として
受け入れられたので、大阪で
一緒に戦っていくのかな?と
思うのですが、

 

真田十勇士の中には九兵衛のような
人物は見当たらなかったですし、
今のところはよくわからない人物ですねー

 

 

九兵衛自身は大名になるのが
夢だと言っていましたが、
何か企みがあるのか?

 

 

大坂の陣に向けていよいよ
という感じがして、やっぱり
これから見どころだなと思います!

 

 

大内田さんの活躍にも
期待しています!

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ