台風15号(2017)のヨーロッパの最新進路予想は?関東に近づく?

台風15号 2017 進路

2017年8月28日に台風15号が発生しました。
14号は日本から離れた進路を取っていたので
安心していましたが、

 

15号は小笠原近海に位置している
ということで日本への接近が
予想されます。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

まだ台風の季節が続くと思うので
厳重な注意が必要です。

 

 

台風15号(2017)のヨーロッパの最新進路予想は?
関東に近づく?

 

 

ということで進路予想を
調べてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

台風15号(2017)のヨーロッパの最新進路予想は?

台風15号(28日18時現在)
名称:サンヴー
現在地:小笠原近海
進行方向:北
速さ:ゆっくり
中心気圧:994hPa
中心付近の最大風速:18m/s
最大瞬間風速:25m/s

 

 

私は気象庁の進路予想を見た時は
関東に近づいて、もしかしたら日本列島を縦断する?
なんて思いました。

台風15号 2017 最新

 

現状、週末にかけて関東地方、東北地方に
向かって進んでいくのかなと。

 

 

でも、ヨーロッパの進路予想を見ると
意外と日本からは離れて進んでいくのかも
しれません。

 

 

31日〜1日にかけて、勢力が強くなって
日本列島に近づくと思いきや、

台風15号 2017 ヨーロッパ 進路

 

3日には日本列島の東側、太平洋を通って
北に抜けて行くようです。

台風15号 2017 ヨーロッパ

 

注意が必要なのは東北地方、北海道
だと考えられるでしょうか。

 

 

 

関東に近づく?

関東に一番近づいた時には
まだ勢力は強くなさそう?

 

 

だんだん強くなって北へ進んでいくので、
やっぱり一番警戒しないといけないのは
東北地方、北海道のようです。

 

 

日本各地で記録的な大雨に
見舞われた地域があるので
さらに警戒が必要となる場所、
新たに注意しないといけない場所が
あると思います。

 

 

台風が完全に離れていくまで
気を抜かずに細心の注意を払って
用心してほしいですね。

 

 

最近は台風が来る来ない関係なく
突然の雷雨に見舞われるというパターンが
本当に多いです。

 

 

にわか雨だったり、すぐ近くの地域でも
雨が降っているところと降っていないところがあったり
天気予報をこまめにチェックすることから
自分の身を守るということができると思います!

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ