コードブルー(映画化)の脚本家は誰?続編の内容を予想!

コードブルー 映画 内容

2018年に『コードブルー』が映画化されることが
発表されましたね!

 

 

シーズン1からシーズン3までドラマで
放送され、大人気医療ドラマになっています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

私は実は今回のシーズン3しか見ていなくて
1や2が好評だったみたいなので
再放送はちょくちょく見ている感じでした。

 

 

コードブルー(映画化)の脚本家は誰?
続編の内容を予想!

 

 

ということで映画化についての情報を
まとめてみることにしました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

コードブルー(映画化)の脚本家は誰?

ネットではシーズン3が始まった時から
脚本が1と2の林宏司氏から
安達奈緒子氏に変更されたことで
かなり炎上していましたね。

 

 

コードブルーに恋愛要素はいらない!
というのが大半の意見だったでしょうか。

 

 

シーズン1と2の時はもっと医療ドラマらしく
そういうシーンも多かったのが人気の秘密
だったようです。

 

 

シーズン3からしか見ていない私にとっては
月9ドラマってそういうもんかなと思っていました。

 

 

むしろ恋愛要素が少なかった
というのが意外で。
十分医療要素もあったように思いましたけどね?

 

 

でもそもそもなぜ脚本家が変わってしまったのかも
気になるところ。

 

 

その理由は明らかにはなっていませんが
前作から7年も経過しているということで
林氏から降板を申し入れたのでは?という噂がありました。

 

 

それを受けて安達氏に脚本を依頼した
というのがわかりやすい流れにはなるかと。

 

 

決して安達氏の脚本が悪いというわけでは
ないです。

 

 

“失恋ショラティエ”や“リッチマンプアウーマン”など
素敵なドラマの脚本をたくさん書いていらっしゃいます。

 

 

月9らしいストーリーではありますよね。

 

 

そうやって恋愛要素を盛り込んだ仕事ドラマを
上手く脚本にする方ではあるんですが
今回は元々ある設定からの脚本だったので
多少のズレは仕方がない部分はあるかなとは思います。

 

 

もし林氏がコードブルーからは手を引いたとなると
映画の脚本も安達氏になるだろうと考えられますね。

 

 

 

続編の内容を予想!

映画の内容がどうなるのかも
気になりますね!

 

 

新人フェローたちも出てくるのかな?
個人的には灰谷先生が気になり過ぎる(笑)

 

 

最終回で急激に表情がしっかりし過ぎやろ
と思ったけど、その後の成長も見てみたいかなと。

 

 

Twitterでは

 

と、期待の声は大きいですよね。

 

 

私も思ったんですが、藍沢先生が
トロント行きを決めたということだったので
やっぱりトロントから帰ってきたところから
映画は始まるんでしょうね!

 

 

ということはフェローたちも成長しているでしょうし
メンバーも変わってるかな?

 

 

緋山先生とあの患者さんも結婚したりしてる?

 

 

気になることがたくさんありますが
公式発表を楽しみにしたいと思います♪

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ