本田真凜の祖父の会社はどこ?父親の竜一の職業が医者はデマ?

本田真凜 祖父

“ポスト浅田真央”として注目を集めている
フィギュアスケート選手の『本田真凛』選手。

 

 

兄妹が揃ってフィギュアスケートをしている
ということで、お金がかかるスポーツだけに
実家はどんなお金持ちなのか?
と気になっている方が多いみたいですね。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

兄弟姉妹で1人がやっているというわけではなく
5人中4人がやっているので、それぞれにお金が
かかるわけですから。

 

 

本田真凜の祖父の会社はどこ?
父親の竜一の職業が医者はデマ?

 

 

ということで本田選手のご家族について
調べてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

本田真凜の祖父の会社はどこ?

2017年10月に掲載された
女性自身の記事の中で

 

実は、真凛ちゃんは超がつくお嬢様。
おじいさんが会社を4つも経営しているんです。
4社合わせた年商は20億円を超えるといいます。

 

という記述がありました。

 

 

以前の噂ではエディオンの役員をしているんじゃないか
とかも言われていたみたいですが(笑)、
一つの会社の役員どころか、4つの会社の経営者って
かなりやり手な匂いがしますよね!

 

 

エディオンって妹の望結ちゃんと紗来ちゃんが
CMやってるからやん(笑)

 

 

おじいさんの会社は
株式会社本田味噌本店
丸一商事株式会社
と二つの会社が噂されています。

 

 

株式会社本田味噌本店は
1830年創業の味噌屋さんなんですね。

 

 

昭和25年 株式会社本田味噌本店
昭和59年 株式会社西京味噌
平成16年 安丘西京味噌食品有限公司(中国)
平成27年 株式会社西京味噌 流通センター

 

がそれぞれ設立されているので
4つの会社というのはこれらの関連会社や
工場のことを言っているのかな?

 

 

平成27年の実績で26億という情報も。

 

 

丸一商事株式会社は業務内容として
梱包・輸送に関わる物流業務請負・アウトソーシング
装置製造に関わるすべての作業請負・アウトソーシング
という記載がされていました。

 

 

他に、
アルコム株式会社
カズテック株式会社
ゼロワンテック株式会社
を経営しています。

 

 

丸一商事株式会社の売上高は
8億ですから、4社合わせて
20億を超えるというのも
ありえますね。

 

 

フィギュアスケートをするにあたり、
一人当たり年間一千万円かかるらしいのですが、
年商20億もあれば余裕ですよね。

 

 

でも、私が思ったのは、フィギュアスケートにしろ
どんなスポーツでも決してお金さえあればできるという
ものではないということです。

 

 

やっぱり努力ですよね。

 

 

日々の練習の積み重ねが一番大事だと思います。
そしてその練習ができるのは両親や家族の
協力があってこそ。

 

 

実際にお父さんの子どもたちの習い事にかける
気持ちはすごく強かったみたいで
マネージャーのように子どもたちのために
車での送迎などに奔走しているとか。

 

 

そしてそこまでできるのは
お金があるからということになりますが
結果を残しているからご家族も
フォローしてきた甲斐があっただろうなと。

 

 

それに応える子どもたちがやっぱり
すごいんだなーと感心しますね。

 

 

 

父親の竜一の職業が医者はデマ?

それだけお金のかかるスポーツですから
これまではお父さんの竜一さんが
かなり稼いでいるんじゃないかと
言われてきたようで。

 

 

医者、会社役員、銀行員、不動産関係…
などと色々な職業が予想されてきました。

 

 

もちろんエディオン説も(笑)

 

 

結局は普通の会社員
ということで噂は止まっているみたいですね?

 

 

ネットにあったインタビュー記事の中で
“次期後継者である長男”という記述があったので
それが竜一さんであれば、おじいさんの会社の
役員となっている可能性はあると思いますが。

 

 

少なくとも、本田兄妹のスケート人生は
しばらくは安泰でしょう。

 

 

あとは本人たちの努力次第で
おじいさん、お父さんを始め、
家族に恩返しができるかどうかですね!

 

 

※関連記事↓

本田真凛の男性コーチは誰?イケメン画像をまとめてみた!

本田真凛の現在の身長はどれくらいなの?コーチと過去の成績も調べてみた。ジュニアGPファイナルの結果は…

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ