台風21号(2017)の米軍とヨーロッパの最新進路予想は?

台風 2017 進路

2017年10月16日に『台風21号』が発生しました。
台風ってもう来ないかなーと思っていたら
忘れた頃に…という感じですね。

 

 

今年の台風は変な動きをするものが
多かったので、進路がとても気になります。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

選挙日に直撃?なんていう予想も
あるので心配ですね。

 

 

台風21号(2017)の米軍とヨーロッパの最新進路予想は?

 

 

ということでいつ頃日本に近づくのか
調べてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

台風21号(2017)の米軍とヨーロッパの最新進路予想は?

台風21号(21日6時現在)
名称:ラン
現在地:日本の南
進行方向:北北東
速さ:15km/h
中心気圧:925hPa
中心付近の最大風速:50m/s
最大瞬間風速:70m/s

 

 

米軍の進路予想は
21日〜22日にかけて沖縄に、
23日昼頃に本州に
近づく感じになっています。

 

台風21号 2017 米軍

 

 

ヨーロッパの予想では台風発生当初は
20日頃から沖縄に影響が出そうな感じ
でしたが、進むスピードが少しゆっくりに
なったようで、

 

米軍と同じく21日〜22日に沖縄に
最も近づく予想ですね。

 

 

そこから徐々に九州に近づき、
23日〜24日に本州を直撃する恐れ
出てきました。

台風21号 2017 ヨーロッパ

 

選挙日は西日本は広い範囲で
雨が降りそうな予感。

 

 

私は甥っ子の運動会があるので
本当に雨が降ってもらっては困るんですけどー!

 

 

ただでさえ1週間延期になってるのに…

 

 

最近では珍しく1週間ほど全国的に
雨が降り続いているので
22日はもう大丈夫だろうと思っていたのですが。

 

 

台風が来るとは予想していません
でしたね…

 

 

それよりも選挙の方が気になる方が
多いかもしれませんが
天気が悪いと投票率も悪くなるのかな?

 

 

選挙までに少しは雨が落ち着く日が
あるので、できる限りその時を狙って
期日前投票に行ったりすると良いかも。

 

 

雨の日はどうしても外出が
億劫になりますからね。

 

 

23日の間に本州はほぼ抜けていって
24日には勢力は少し収まった状態で
東北の方へ進む様子。

 

 

海の温度が高いことで
台風が強くなる性質があり、
沖縄へ近づくにつれて
強くなっていくようです。

 

 

そのまま本州へ進むので
強い台風になることは間違いなさそうですね。

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ