ゴーストライターの最終回の感想まとめ。DVDの発売はいつ?

ゴーストライター 最終回 感想

フジテレビで放送されていた
火曜日10時のドラマ
ゴーストライター』が
最終回を迎えました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

佐村河内氏のゴーストライター
問題を題材にしたという
ドラマでしたが、
最終的には現実から良い意味で
離れてドラマにのめり込んで
いってましたね。

 

 

私の感想も交えつつ、

 

 

ゴーストライターの最終回の感想まとめ。
DVDの発売はいつ?

 

 

ネット上での感想も合わせて
書いていきたいと思います。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

ゴーストライターの最終回の感想まとめ

毎回毎回話が二転三転していて
遠野リサと川原由樹の
地位が逆転逆転していくのが
今までもおもしろかったですが、

 

 

最終回は本当のハッピーエンド
でしたね。

 

 

スッキリした
という感じ。

 

 

あのまま川原由樹が
遠野リサをゴーストとして
使うのかとも思いましたが、
そうなるとドラマが終わらない
ですもんね(笑)

 

 

共同執筆で本が売れて
二人ともがそれぞれ成功していく
なんて、現実問題はあり得ないと
思いますが、
神崎編集長の鼻をへし折った
という面では万々歳!
これは期待通りの展開でした。

 

 

ネット上では

 

 

内容を詰め込み過ぎて、
最終回に無理矢理に辻褄を合わせて
ハッピーエンドにするような陳腐なドラマでなく、
シンプルなのに視るものの心に深く
余韻を残してくれた、本当に素敵なドラマでした。

 

 

全放送を通して、ドロドロとした人の業を
描いているにも関わらず、静かに淡々と
そして美しく描かれていて、洗練された
大人のドラマだったと思います。
タイトルから受ける人の狡さや
欲深さのイメージよりは、
怒りや悲しみを超えた尊敬や憧れ、
愛や友情といったものが強く感じられました。

 

 

というような
最終回までは展開が早い、
読めない、ドロドロしている
という印象から、
最終回で静かに、スッキリとした気持ちで
見終えたという感想を
持っている方が多かったようです。

 

 

一方では全てが丸く収まり過ぎ
という感想もありますね。
今までのドロドロ感をもう少し
感じたかったという方も
いたんだと思います。

 

 

キャスティングにも賛否両論ですね。

 

 

中谷美紀さんと田中哲司さんの演技は
やっぱり素晴らしい。
一方で水川あさみさんよりも
もっと良い女優がいたのではないか?
三浦翔平さんはチャラい面が際立って
しまって編集者らしくない。

 

 

などなど。

 

 

そして最後まで気になっているのが
遠野リサの息子の小説はどうなったのか?

 

 

これは賞を取るのかなどというのは
どうでもよくて、結局親の背中を見ていた、
親への対抗心の表れ、だったんですね。

 

 

その息子は実は遠野リサと神崎編集長の
子どもだったんじゃないかという
意見もありました。

 

 

ホンマや!父親が誰かなんて
気にしてなかったけど、
誰なんやろう?と突然気になりました(笑)

 

 

そして、遠野リサの母親の認知症は
詐病だったんじゃないかという疑惑。

 

 

言われてみるとそうだったのかな
と思う面もありつつ、
私は個人的に詐病ではなかったと
思いたいですね。

 

 

仕事上、認知症の方と関わってきた
身としては、ドラマで描かれた認知症
としての行動は全てあり得ることで、
遠野リサと母親とのシーンは
特別な想いを持って見ていました。

 

 

認知症をもう少し描くなら
繰り返し発言とか徘徊とか
盛り込んでみてもよかったのかな。
人の話を聞いていない、無関心、
とぼけているような表現が多かったので
詐病とも取れるのかもしれない。

 

 

でも、だんだんと娘を、
遠野リサを忘れていく過程は
やっぱり苦しかったです。
認知症の方と過ごす家族の
気持ちを考えると。

 

 

最後の、母親が小説を読んで
涙を流すシーンで詐病だったと
確信したという方が多かったようですが、
私はその一瞬だけ娘のことを
思い出したんだと感じました。

 

 

認知症の方の感情の表れだったんだと。
私はそのシーンが
一番印象に残っています。

 

 

 

DVDの発売はいつ?

ゴーストライターDVD-BOXの
発売は
2015年7月1日
です!

 

 

ちなみに番組ホームページから
応募すると抽選で10名に当たる
そうです。
締め切りは2015年3月23日まで!

 

 

見逃した方には見ていただきたいですね。
現実離れした、愛だの恋だのという
ドラマに比べたら
素晴らしい作品だと思います。

 

 

みなさんはどう感じられたでしょうか?

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ