紅白歌合戦2017の審査方法が変わるの?視聴者投票方法は?

紅白歌合戦 2017 審査

2017年の『NHK紅白歌合戦』の
司会者、出場者が決まりましたね!

 

 

年々視聴率が…と言われている紅白ですが
それでもやっぱり気になってしまいます。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

2016年は最後の最後に
モヤモヤが残ってしまったような
紅白だったのを覚えているでしょうか?

 

 

審査方法に納得がいかない!
という視聴者の意見がかなり
多かったですね。

 

 

紅白歌合戦2017の審査方法が変わるの?
視聴者投票方法は?

 

ということで2016年の反省を生かして
どんな採点ルールになるのか
まとめていきたいと思います。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

紅白歌合戦2017の審査方法が変わるの?

意味不明だったという2016年の
審査結果はこんな感じ。

 

 

視聴者投票の結果で
200万票近くの差で白組の勝利、
会場の観客の投票で400票差で白組の勝利、

 

ということで白組の優勝が明らかに
決まったと思いきや、
ゲスト審査員のボールでの投票で
紅組が3個差で勝利…

 

紅組が優勝!

 

となったわけです。

 

 

全国民が「え?」となったに
違いありません。

 

 

私もリアルタイムで見ていましたが
紅組の司会だった有村架純さんのキョトン
とした表情が今でも思い出されます。

 

 

優勝旗をもらっても全く理解できない
様子だったかと。

 

 

一体、ゲスト審査員のボール1個に
何百万票の価値があったのか?

 

 

それなら視聴者投票とか
いらなくない?と思いますよね。

 

 

それを受けて2017年の審査方法については

 

去年の反省点を含めて事前にHPで
皆様にお伝えさせていただこうと思っています

 

とNHKは発表しています。

 

 

個人的には去年がどういう計算で
紅組の優勝になったのかが
知りたいですけどね?

 

 

過去の紅白の結果について調べてみたところ、
審査はボールの数によって勝敗を決めていた
年もあったみたいです。

 

 

視聴者投票で票数が多かった方にボール1個、
会場投票で多かった方にボール1個が与えられ、
それにゲスト審査員が投票したボールの数と
合わせて、勝敗を決めるという感じ。

 

 

それを思うと、2016年は
白組が視聴者、会場共に勝って
ボール2個を獲得しましたが、

 

ゲスト審査員の投票では
ボール3個差で紅組が勝利し
ボールの数では紅組が多く獲得した
ということになりますね。

 

 

審査方法は明らかになり次第
また追記したいと思いますが、

 

多分、こういうボールの数での
審査方法が明記されることに
なるのではないかなと予想します。

 

 

 

視聴者投票方法は?

デジタルテレビの普及により、
テレビを見ながら視聴者も
投票に参加できるというのが
紅白の楽しみにもなりました。

 

 

視聴者投票には
このデジタルテレビからの投票と
ワンセグからの投票、
そしてアプリからの投票が可能です。

 

 

私はアプリの存在を全く知らなかったのですが
“NHK紅白”というアプリがあって
そこから投票できるだけでなく、

 

出演アーティストや曲目をチェックできたり、
設定により、見たいアーティストの出演前に
プッシュ通知で教えてくれたりするみたいです。

 

 

これは嬉しい機能ですね!

 

 

投票も簡単にできそうですし
ますます紅白を身近に感じられて
楽しめそうな気がします。

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ