戦う!書店ガール(ドラマ)のロケ地はジュンク堂!あらすじやキャストは?

2015年春ドラマで
個人的に気になる作品に
注目して書いていきたいと
思います。

 

書店ガール ロケ地

今回は4月14日から放送される
火曜10時のドラマ
戦う!書店ガール』について!

 

 

 

 

予告編はこちら!

 

 

女優の稲森いずみさん
AKB48の渡辺麻友さん
W主演です。

 

 

ベテラン女優の稲森さんと
ゴールデン・プライム帯という
午後7~11時の連続ドラマで
主演を務めるのが初めてとなる
渡辺さん。

 

 

どんな雰囲気で撮影が
行われているのかも
気になるところ☆

 

 

戦う!書店ガール(ドラマ)のロケ地はジュンク堂!
あらすじやキャストは?

 

 

と題して書いていきます!

 

 

主題歌についてはこちらを
ご覧ください♪

 

松本サトシ(作曲家)のデビュー作はドラマ主題歌!出身専門学校はどこ?

 

 

 

 

戦う!書店ガール(ドラマ)のロケ地はジュンク堂!

このドラマの原作となっているのは
碧野圭さんの“書店ガール”
という小説です。

 

 

舞台となっているのは
題名の通り、本屋さん。

 

 

ということで、
ドラマを楽しみにしている
ファンの方にとっては
どこの本屋でロケが行われているのかが
気になるところでした。

 

 

古本屋の街である
東京の神保町が有力でしたが、
ネット上のニュースで

 

都内の丸善ジュンク堂書店でクランクイン

 

と出ていたため、
ジュンク堂であることが判明!

 

 

ジュンク堂は神保町にないことと、
小説の舞台が吉祥寺であることから

 

 

ロケ地はジュンク堂吉祥寺店
ではないかとのことです!

 

 

撮影はお店の閉店後に
行われているということで、
改めて俳優さんや女優さん、
スタッフのみなさんって大変だなー
と思いました。

 

 

 

あらすじやキャストは?

ドラマの公式ホームページでは
以下のように紹介されています。

 

 

舞台は老舗書店「ペガサス書房」。
ネット書店の台頭などから、書店が経営的にも
厳しさを増している中、本に救われた経験をもつ、
書店員の北村亜紀(渡辺麻友)と
副店長の西岡理子(稲森いずみ)が主人公。
「結婚より、仕事や夢!」気が強くて自由奔放な亜紀と、
仕事にプライドを持って働くうちに
婚期を逃してしまった理子。
ふたりの間にあるのは・・・23歳と40歳という世代間ギャップ。
「コネ入社のお嬢様」と「たたき上げの苦労人」
という境遇の違い。そして異なる性格や経験から生まれる、
仕事や恋へのアプローチの違い。
何かと異なる“水と油”の2人が、
仕事、恋愛、人生と果敢に「戦う」姿を、
痛快に描きます。

 

 

原作では渡辺さん演じる
亜紀は新婚となっていますが、
ドラマでは未婚の設定に
なっています。

 

 

小説は3部作になっていて、
亜紀の結婚、異動や出世、出産
などを中心に描いているので、
もし今回のドラマが成功となれば
続編が期待できる作品
なのかなと思っています。

 

 

稲森さん、渡辺さん
以外のキャストは

 

亜紀に一目ぼれをする
コミック編集者に、大東駿介さん

 

女子2人の奮闘を見つめる
謎の男には田辺誠一さん

 

書店員に千葉雄大さん
鈴木ちなみさん伊野尾慧さん

 

店長に木下ほうかさん

 

理子の父親に、井上順さん

 

 

注目はやはり!
イケメン書店男子に扮する
千葉雄大さんでしょう!

 

 

ドラマ“きょうは会社休みます。”で
個性的な役を務めあげて
話題になっていましたね!

 

書店ガール 千葉雄大

今度は文学青年を演じます。
くしゅっとしたヘアスタイルに
メガネ姿はファンの心を
鷲掴みにするはず!

 

 

個人的には予告編で
ちょびっと出てきた
濱田マリさんの関西弁に
ほっとしたりしていますが(笑)

 

 

放送は4月14日!
楽しみですね♪

 

 

【スポンサードリンク】







2 Responses to “戦う!書店ガール(ドラマ)のロケ地はジュンク堂!あらすじやキャストは?”

  1. […] 戦う!書店ガール(ドラマ)のロケ地はジュンク堂!あらすじやキャストは? […]

  2. […] 戦う!書店ガール(ドラマ)のロケ地はジュンク堂!あらすじやキャストは? […]

コメントを残す

サブコンテンツ