DJLOVE(セカオワ)のMステ欠席でわかった重要な役割とは?紅白出場は?

DJ LOVE欠席でアコースティック セカオワ

昨日12月26日にテレビ朝日で放送された
“ミュージックステーションスーパーライブ2014”
に出演した“SEKAI NO OWARI”に注目が
集まっています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

というのも、ピエロの被り物で目立っている
DJ LOVE』さんがインフルエンザで
急遽欠席し、メンバーがアコースティックver.
でライブを乗り切ったのです。

 

 

アコースティックも良かったという意見もあれば、
放送事故レベルだったという意見もあり、
ネット上では賛否両論でしたね。

 

 

DJ LOVEさんの病状も心配ですが、
紅白出場についても気になる方が
たくさんいらっしゃると思います。

 

 

DJLOVE(セカオワ)のMステ欠席でわかった
重要な役割とは?
紅白出場は?

 

 

ということについて書いていきましょう。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

DJLOVE(セカオワ)の重要な役割とは?

昨日のセカオワのステージは
私も見ていました。

 

 

いつものステージではボーカルのFukaseさん
が持つ大きな旗と無線機のようなマイクが
トレードマークになっていますが、

 

 

昨日は旗も持っていなけりゃ
普通にスタンドマイクで歌い、
代わりにタンバリンを叩いていました。

 

 

その雰囲気自体がセカオワの魅力を
半減しているような印象も受けました。

 

 

アコースティックver.も
あまり良いアレンジ、パフォーマンスだったか
というと正直首をかしげてしまう感じでしたね…

 

 

でも3人でいつも以上に目線を合わせて
アンサンブルしている姿は良かったと
思いますよ。

 

 

口パクが当たり前になっているような
世の中だからこそ、生の音はやっぱりいいなと
思えた瞬間でもありました。

 

 

こうやって色んな意見が飛び交う中で、
ピエロの人ってそんな大事な存在だったんだ!
と初めて気付いた人も私以外にいたはず(笑)

 

 

ただのキャラクターだと思っていて
すみませんという感じです。

 

DJ LOVE インフルエンザ

DJ LOVEさんの役割は

 

 

機材を選ぶ役目を担っており、
メンバーの意図に合わせて音作りをする。
ライヴではエフェクターの操作やコーラスも担当する。

 

 

とWikipediaで紹介されています。

 

 

全体的な楽器や機材の調整をしているんですね。
メンバーが担当するギターやピアノ以外の音作りをして
そのステージにあった調整をしている
ということでしょうか。

 

 

作った音を録音して流す
なんてことも考えられたかもしれませんが、
やはりDJ LOVEさんがいてのセカオワだと
いうことを大切にしたのかもしれませんね。

 

 

昨日のステージが良くも悪くも、
セカオワにとって今後も注目される
話題になったことは間違いないですね。

 

 

 

紅白出場は?

さて、次に心配されているのが、
DJ LOVEさんが紅白に出場できるのかと
いうことです。

 

 

インフルエンザは
発症1日前から発症後3〜7日は
人に感染する可能性があると言われています。

 

 

紅白は12月31日。
ギリギリ出場するには23日に発症していた
のなら可能だということ。

 

 

いつ発症したかが明らかになっていないので、
微妙なラインであることは間違いないですね。

 

 

せっかくの初出場なので、
控え室は完全隔離、パフォーマンス時だけ出演
という感じで何とか出てほしい気持ちもありますが、
何せ大量の人が集まる場所ですから、
自粛する可能性もあるかもしれません。

 

 

また発表があり次第、
情報を追記したいと思いますが、
まずはDJ LOVEさんの少しでも早い
回復を祈っています。

 

 

【12月31日追記】
昨日のレコード大賞でDJ LOVEさんが
元気な姿を見せてくれました!
インタビューでは
「お医者さんからお墨付きももらった」
というふうに答えていましたね!

 

 

4人揃っての紅白初出場も問題なく果たせそうです!

よかったよかった♪

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ