鶴竜の左肩腱板損傷の原因は?逸ノ城の不戦勝は金星になるの?

本日3月8日から大阪での
大相撲春場所が始まりました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

各地方でそうだと思いますが、
あまり興味がなくても、
町中をお相撲さんが歩いてたり、
神社にのぼりが立っているのを
見ると、
「もうそんな季節か〜」
なんて思います。

 

 

初日から楽しみにしていた方も
たくさんいらっしゃると
思いますが、
横綱・鶴竜関が今場所を
休場するというニュースが
入ってきました。

鶴竜 休場 理由

 

理由は
左肩腱板(けんばん)損傷
だそうです。

 

 

鶴竜の左肩腱板損傷の原因は?
逸ノ城の不戦勝は金星になるの?

 

 

どんなケガなのか?
初戦の逸ノ城戦について
書いていきます。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

鶴竜の左肩腱板損傷の原因は?

左肩腱板損傷とは

 

 

腱板という肩関節に安定性をもたらす、
筋肉および腱の複合体
(肩甲下筋(けんこうかきん)、
棘上筋(きょくじょうきん)、
棘下筋(きょくかきん)、
小円筋(しょうえんきん))
に炎症や断裂を起こすこと

 

 

です。

 

 

運動中のケガや交通事故などで
起こることもあるようですが、
日常生活動作の中でも断裂が
起きることがあり、
老化や肩の使いすぎが原因と
なっていることもあるんですって。

 

 

特に40歳以上の男性に多い
ということで、
肉体労働で働き盛りの方は
気をつけた方が良いかも
しれません。

 

 

今回、鶴竜関は2月中旬頃から
左肩に痛みの訴えがあったそうで
昨日3月7日に病院で
全治1ヶ月と診断されました。

 

 

鶴竜関の炎症や断裂の具合が
どの程度なのかはわかりませんが、
今回よくなっても、断裂期間が
長いと再断裂する可能性も
高いんです。

 

 

早期発見、早期治療が
とにかく大切なケガですが、
鶴竜関は直前まで調整して
様子を見ていたということ
なので、
休場に繋がった原因も
そこにあるかもしれませんね。

 

 

なぜもっと早く病院に
行かなかったのかが
気になるところ…

 

 

スポーツ選手にとっては
一つのケガが命取りになるので
プライドもあるやろうけど、
身体を大事にしてほしいなーと
個人的に強く思っています。

 

 

 

逸ノ城の不戦勝は金星になるの?

鶴竜関の初戦の相手は
前頭筆頭・逸ノ城関でした。

 

 

逸ノ城関は昨年の9月場所で
鶴竜関から金星をあげている
ことから、今回の初戦は
楽しみにしているファンも
多かったことと思います。

 

 

鶴竜関の休場により、
逸ノ城関は不戦勝となったわけですが、
じゃぁまた金星なの?
と気になったので調べてみたところ、

 

 

不戦勝は金星には値しない

 

 

ということでした。
もちろん褒賞金ももらえません

 

 

まぁそうですよね。
やっぱり実力で勝ってこその
金星ですもんね。

 

 

とにかく鶴竜関が少しでも早く
ケガを治して復帰することを
祈っています。

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ