岸潤一郎(拓殖大学)の身長と体重が気になる!二刀流は通用するのか?

明徳義塾高1年の頃から
夏の甲子園で4番打者として
活躍した『岸潤一郎』投手が
この春、拓殖大学に入学しました。

 

 

おめでとうございます!

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

不振の時期もあったようですが、
高校3年間で春夏合わせて
4回の甲子園出場、
高校最後の国体ではサイクル安打を
記録し、優勝も飾りました。

 

 

これからの大学生活も
期待大ですね!

 

 

岸潤一郎(拓殖大学)の身長と体重が気になる!
二刀流は通用するのか?

 

 

高卒でプロではなく、
大学進学を選んだ岸投手について
気になる情報を書いていきます!

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

岸潤一郎(拓殖大学)の身長と体重が気になる!

プロフィールはこちら。

岸潤一郎 プロフィール

名前:岸 潤一郎(きし じゅんいちろう)
生年月日:1996年12月7日(18歳)
出身地:兵庫県尼崎市
ポジション:投手(右投・右打)
学歴:
尼崎中央中学校(西淀ボーイズ)
明徳義塾高校
拓殖大学

 

 

スポーツ選手として気になる体格、
身長と体重は…

 

175cm、75kg

 

と決して大柄な選手ではないのです。
むしろ標準〜やせ型でしょうか?

 

 

ちなみに現役のプロ野球選手では
巨人の杉内が175cmです。
体重は82kg。

 

 

ケガに耐える体格作りが
必要になってくるだろうと
思いますね。

 

 

だから高卒でプロになるよりも
大学進学を選んだのは正しい選択
だったと思います。

 

 

高校で活躍した投手は
プロやメジャーでも肩を痛めたり
ケガで離脱する選手が多いので、
岸投手にとってはまずは強い
身体作りが必須でしょう。

 

 

 

二刀流は通用するのか?

しかし、岸投手への期待は
やはり高いですよね。

 

 

投手としてはもちろん、
打者としても好成績を残しています。

 

 

記事の冒頭で書いたサイクル安打の
動画があったので載せておきます!

 

 

これを見る限り、
やっぱり野手として打撃を
磨いてほしいと私は思います!

 

 

大学野球では指名打者制が
採用されているということで
すでに拓殖大の監督は
登板しない日は指名打者として
起用する考えを示しているそうです。

 

 

現在の拓殖大にはやはり
投手が必要ということなので
投手を中心に起用していく考え
とのこと。

 

 

そうなるとやはり、
実際に4年後のドラフトでは
投手として名前が呼ばれる
かもしれませんね。

 

 

あと4年。
投手か打者か、それとも二刀流か?
岸投手にとっても
悔いのない決断をして
プロに向かって突き進んでほしいなと
思います。

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ