あたしおかあさんだからの歌詞全文が気になる!感想まとめ!

あたしおかあさんだから 歌詞

“のぶみ”さん作詞、“横山だいすけ”さんが歌う
あたし、おかあさんだから』という歌が
世間のお母さんたちの間で炎上しています。

 

 

お母さんだから我慢していることが
たくさんある、
子どもを産んだことを後悔しているみたい
という批判が相次いでいるようです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

一体どれほどの歌詞なのか
気になったので

 

 

あたしおかあさんだからの歌詞全文が気になる!
感想まとめ!

 

 

ということで書いていきたいと
思います。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

あたしおかあさんだからの歌詞全文が気になる!

歌詞の全文はこちらのツイートに
載せてくださっていました!

 

 

私、実際にだいすけお兄さんが歌っている
動画も見たんですが
これは歌詞も良くないと思うけど
メロディーもなんかな〜と。

 

 

お涙頂戴系と言いますか、
もうちょっとポップな元気な
感じだとダメだったんだろうかと(笑)

 

 

私は子どもがいないんですが
乗り物好きの甥っ子がいるので
歌詞の中の

 

あたし おかあさんだから
新幹線の名前覚えるの

 

のところがめっちゃウケる!
と思いました(笑)

 

 

そういう日常生活の何気ない
あるあるを歌詞にしたら
お母さんたちがププッと
笑えるような歌になったんじゃないかと
思ったんです。

 

 

本来の歌詞を見ると、
何か、やっぱり重いなー
という印象は受けました。

 

 

これだけ批判されて話題になると
これから結婚して子どもを産む人が
嫌になるんじゃないかとか
それこそ少子化が進むんじゃないかとか
考えちゃいますよね。

 

 

実際にそういう苦労もあって
それでも我が子はかわいいと
思っている人がほとんどだと思う
(思いたい)から

 

お母さんになることって
こんなに素晴らしいことなんだよ
っていうことが伝わる歌詞だと
いいんですが…

 

 

でもやりすぎると、今度は
子どもがいない人は幸せじゃないの?
みたいな話にも繋がりそうで…

 

 

考えれば考えるほど
難しい世の中だなと思いますね。

 

 

 

感想まとめ!

もちろん、良い歌詞だとか、
お母さんのための応援歌だという
印象を持っている人もいるので
一概に悪い歌だとは言えないですが

 

まぁ、聴いて良い気持ちになった人は
やっぱり少ないのかなぁ。

 

 

 

みなさんの感想をたくさん見ている中で
おかあさんといっしょで歌われた歌ではないけど
だいすけお兄さんが歌うことで、
何となくこれを子どもに発信しているような
気分になるのは嫌やなーと思いますね。

 

 

でも、子育てで大変なのは
幼児までだけだよと言っている人が
いるのは救われるかもしれません。

 

 

そして長い人生の中でそんな時期は
短いんだから、その時期を大切にしよう、
と思えたら素敵ですよね。

 

 

まぁ、そんな余裕がないから
歌に炎上したりするんでしょうけど。

 

 

あたし、おかあさんだから
から派生して、
“おまえ、おとうさんなのに”で
旦那さんに対しての不満を
ぶちまけている人もいます(笑)

 

 

これはただ共感してストレス発散
になっているなら良いかもしれないですけどね。

 

 

そういう意見と比べて
自分の旦那はオムツも替えてくれるし
ミルクもあげてくれるし…
と旦那さんに感謝している人もいましたよ。

 

 

ちょっとホッとします。

 

 

私はまだ子どもはいませんが
これから欲しいなとは思っています。

 

 

この歌詞を見て子育て嫌やなって
思うことはありません。

 

 

それぐらい大変なことなんだって
覚悟ができているから(笑)
むしろ思っている以上に大変だって
思うようにしています。

 

 

でも絶対我が子はかわいいって
信じているし、自分が甥っ子の時
そうだったように、かわいがってくれるだろう
家族がいるから大丈夫って思えるし。

 

 

実際に子育てを始めた時に
この歌詞を見返したら、今の私の考え方は
綺麗事で、また捉え方は変わるかもしれない
ですけどね。

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ