レコード大賞2016を予想するも内定済みって本当?最優秀新人賞は?

レコード大賞 2016 予想

三代目J Soul Brothersの大賞
買収疑惑で2016年は冷め切っている
であろう『日本レコード大賞』が
2016年12月30日に発表されます。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

今年のノミネートには
西野カナさん、宇多田ヒカルさん、AKB48、
AAA、桐谷健太さんなどが名を連ねています。

 

 

これだけヤラセだと噂が広まって
今年大賞を受賞するアーティストは
どんな気持ちなんでしょうか。

 

 

レコード大賞2016を予想するも内定済みって本当?
最優秀新人賞は?

 

ということで大賞が誰になるのか
予想…というか、すでに内定済みの
アーティストについて書いていきます(笑)

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

レコード大賞2016を予想するも内定済みって本当?

大賞が選ばれる優秀作品賞の
ノミネート作品は

 

「あなたの好きなところ」西野カナ
「海の声」浦島太郎 (桐谷健太)
「女は抱かれて鮎になる」坂本冬美
「最&高」きゃりーぱみゅぱみゅ
「365日の紙飛行機」AKB48
「涙のない世界」AAA
「花束を君に」宇多田ヒカル
「BELIEVE」西内まりや
「みれん心」氷川きよし
「ラストシーン」いきものがかり

 

です。

 

 

私の中では昔からレコード大賞って
J-POPも歌謡曲も演歌も、
老若男女が耳にしたことのある曲が
選ばれるんだと思っていたんです。

 

 

でもそれでもここ10年ぐらいは
これが大賞なの?と思うような
曲が多かったですね。

 

 

一番思ったのは2010年。

 

私はいきものがかりの“ありがとう”が
絶対大賞だと思ったんですよね。
朝ドラの主題歌にもなって、
耳にする機会が本当に多かったから。

 

でも大賞を撮ったのはあのEXILEでした(笑)

 

これからはEXILEかAKBしか
獲ることはないんやろうなーと
思った時でしたねー

 

 

ちなみに今年もAKBの“365日の紙飛行機”、
宇多田ヒカルさんの“花束を君に”
という朝ドラ主題歌がノミネートされています。

 

 

朝ドラの影響力ってやっぱり大きいとは
思うけど、J-POPばっかりでもあんまり
馴染みはないものなのかなー

 

 

私の予想では宇多田ヒカルさん。
予想というか願望ですが(笑)

 

 

復帰作だし、何より特典なしのアルバム
の売り上げがすごかったというのが
今の時代に衝撃を与えたなーと。

 

 

でも実はもう大賞に内定しているのは
AAAだと言われています。

レコード大賞 2016 AAA

 

EXILEグループがダメになったら
今度同じエイベックスグループの
AAAなんじゃないかって。

 

 

他のレコード会社はもうレコ大に
さほど力も入れてないし、
エイベックスだけが盛り上がっている
状況だとか。

 

 

AAAのノミネート作品
“涙のない世界”を聴いてみましたが、
全く聴いたことのない曲でした(笑)

 

 

人気はあると思いますけどね?
ドームツアーも話題やったし。

 

 

でも出来レースはこりごりですよね。

 

 

 

最優秀新人賞は?

新人賞は

 

iKON
林部智史
羽山みずき
BOYS AND MEN

 

が受賞していて、
最優秀新人賞は“林部智史”さん
が有力だと言われています。

 

 

何と彼もエイベックスが今一番
売り出したい新人。

 

 

iKONは韓国のグループみたいですが、
韓流もだいぶ廃れてるし、
演歌も弱いし、

 

BOYS AND MENは…
ご当地アイドルグループというのは
すごいけど、歌唱力的には林部さんの
方が印象が良い気がします。

 

 

私は新人賞って毎年一人ぐらいは
知ってる人がいたりするんですが、
今回のメンツは全く曲も聴いたことのない
感じでした。

 

 

そんな中で予想って難しいけど、
エイベックスというだけで
あー林部さんだなと予想はできましたね(笑)

 

 

レコ大も話題性がなくなっていましたが、
今年は買収疑惑のおかげである意味
注目される年になるでしょう。

 

 

【スポンサードリンク】







2 Responses to “レコード大賞2016を予想するも内定済みって本当?最優秀新人賞は?”

  1. 名無し より:

    iKONもエイベックスですよ

    • keiko より:

      名無しさん。
      コメントありがとうございます!
      BIGBANG並みに人気が出る可能性もありますね?

コメントを残す

サブコンテンツ