砂の塔の最終回のネタバレ!犯人は?感想もまとめてみた!

砂の塔 最終回 感想

2016年12月16日にTBSの
金曜夜10時のドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人
の最終回が放送されました。

 

 

私は1話を見て、これは結構おもしろいん
じゃないか?と思ったんですが、
2話ぐらいからママ友同士のイジメが
ひどくなり過ぎて見てるのが辛くなりました。

 

 

【スポンサードリンク】


 

 

まぁ結局最終回まで見たんですけど(笑)

 

 

私みたいに何やかんやでハーメルン事件の
犯人が誰なのかは気になっていた人は
多かったのではないかと思います。

 

 

砂の塔の最終回のネタバレ!犯人は?
感想もまとめてみた!

 

ということで犯人のネタバレと
和樹と弓子の関係がどうなったのか
書いていきます。

 

 

【スポンサードリンク】


 

 

砂の塔の最終回のネタバレ!犯人は?

ハーメルン事件の犯人を知ってしまった
和樹も行方不明に。

 

その前に誘拐された最上階に住む寛子の息子は
寛子の夫がお金欲しさに連れ出しただけで
ハーメルン事件を装っただけだった。

 

そんな中で寛子の部屋が火事になり
マンションは大騒ぎに。

 

弓子の盗撮により、寛子の部屋に
和樹がいることが判明。

 

弓子が亜紀に連絡を取って
和樹を助ける…とそこにいたのは

 

生方コーチ。

 

ハーメルン事件の犯人は
生方だった。

 

最初の誘拐は認知症の母親が連れてきて
しまったが、その後の誘拐は幼い頃に
自分も母親に虐待をされていた経験から

 

母親から愛されていないかわいそうな子どもを
自分と重ね、助けてあげたいという思いで
誘拐をした。

 

和樹は弓子に
「お母さんに産んでくれてありがとうと伝えてください」
と伝言を頼む。

 

その後の高野家は家族みんなで
幸せに過ごすのでした。

 

 

という感じの最終回でした!

 

 

私はまずなぜ寛子の部屋に和樹がいたのか?
というのがめっちゃ気になりました。

 

 

生方が誘拐の混乱の中で寛子が
家を空けた隙に入り込んだ…
ということでしょうか。

 

 

そういうことにしましょう。

 

 

そして生方コーチの犯人説が
ずっと濃厚過ぎて、予想通りだったので
かなりおもしろくなかったですよね(笑)

 

 

でも現在も昔も結局隣人が
怖かったという感じでまとまるんでしょうか。

 

 

ただ一つ、和樹は最後まで弓子が本当の
母親だと気付いていない感じでしたが
実は気付いていて、最後の言葉は弓子に
向けて言った言葉だったと信じたいですね。

 

 

気付いてないとか鈍感過ぎでしょ(笑)

 

 

 

感想もまとめてみた!

とにかく最終回は不評な意見が
多過ぎですね(笑)

 

 

スライドドアを勢いよく開けて「犯人確保ーっ!!」
・・・・・・「は???誰だよ」ってなった方どれくらいいるんでしょうか(笑)
私はめっちゃポカーンとしました
生方の背景が全然わかってない状態で突然登場されてもなあ

 

タワマンのママ友いじめとか途中がひどいのに、
最後感動のヒューマンドラマにもっていくには無理ありすぎ…

 

 

私はこの辺りの感想にかなり納得。
いきなり生方コーチの母親出てきて
ちょっとよくわからなかったですね。

 

 

でもその母親を演じていたのが
現在真田丸に出演しているおこうさん
だとわかり、そこは結構盛り上がった様子で何より。

 

 

ママ友イジメもいつのまにかどっか行っちゃったし、
ホラン千秋さんも仲間はずれにされてから
もう出てこなくなって…
今となってはそういえばいたなという感じですね。

 

 

良かったのは母親と息子の関係を
描いていたところかな。

 

 

結局やっぱり和樹を演じていた
佐野勇斗さんがかなり好印象。

 

 

これから頑張ってほしい俳優さんだなーと
思いました☆

 

 

あと、そらちゃんがかわい過ぎで
毎回それに癒された感じです!

 

 

個人的には家族4人で行った
キャンプのシーンが一番感動したかな。

 

 

存在感はダントツで松嶋菜々子さん。
怖かったけど優しい表情も見られて
やっぱりさすが大女優なのかなーと思いました。

 

 

とにかくドラマ自体、特に最終回は
本当につまらない、謎が多過ぎる感じでしたね。

 

 

【スポンサードリンク】








コメントを残す

サブコンテンツ