倉持麟太郎の嫁や子どもの画像は?経歴も調べてみた!

山尾志桜里 倉持麟太郎

民進党の“山尾志桜里”衆院議員の
不倫問題が話題を集めていますね。

 

 

幹事長に内定していたということなので
余計に注目されているわけですが、
とりあえず幹事長になってからではなかったから
良かったのか…いや、不倫自体ダメですよね…

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

お相手はイケメン弁護士と言われる『倉持麟太郎』氏。

 

 

倉持麟太郎の嫁や子どもの画像は?
経歴も調べてみた!

 

 

ということで倉持弁護士がどんな方なのか
気になったので調べてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

倉持麟太郎の嫁や子どもの画像は?

倉持麟太郎 嫁

倉持氏は1983年1月16日生まれの
現在34歳。
弁護士法人Nextに在籍する弁護士です。

 

 

山尾議員の9歳下ということにも
ビックリですよね。

 

 

34歳が43歳と関係を持つって…
山尾議員は結構美人ではあるけど
それでも若く見えるとかではないですもんね?

 

 

気になるのは倉持氏が結婚しているのではないか?
と言われていることですね!

 

 

山尾議員にはご主人と6歳の子どもさんが
いらっしゃるということで不倫だと言われていますが
倉持氏にも奥さんがいるとなるとW不倫になります。

 

 

W不倫であると報じている記事もありますが
真相はどうなんでしょうか?

 

 

気になるツイートは出回ってますね?

 

 

現在わかることはこれぐらいで
とにかく結婚に関する情報が
曖昧なんですよね?

 

 

奥さんの画像はもちろん、子どもさんについての
情報も曖昧なものしかないですね。

 

 

自民党の今井絵理子議員と不倫が噂された
橋本健氏はSNSで奥さんや子どもさんの
画像をアップしていたので

 

倉持氏にもそれを期待したのですが…
SNS自体やっていないようです。

 

 

私の勝手な想像では
奥さんは大学時代の同級生とか
そんな感じかなーと思いました。

 

 

弁護士ってやっぱり同じような頭の良さを
持っている人を結婚相手に選ぶことが
多いのではないかと。

 

 

ネットで調べてみると、
弁護士になる前に司法修習生時代から苦楽を共にした相手や
弁護士になってからだと、同じ事務所の事務員などと
結婚するパターンは多いみたいですね!

 

 

色々と想像は膨らむばかりですが
倉持氏の周辺の情報はこれから
出回ると思います。

 

 

【追記】

メディアでも報じられていますが
やはり倉持弁護士は妻子ある方で

 

しかも山尾議員との密会中は
奥さんは脳梗塞の疑いで実家に子どもを連れて
療養しに帰っていたとのこと…

 

 

その間に倉持氏の自宅に山尾議員が来て…

 

って、妻の不在時に不倫するなんて
どっかの元イクメン議員とほぼ同じ
パターンやんか!

 

 

 

経歴も調べてみた!

倉持氏はテレビ番組のコメンテーターを務めるほど
メディアでも人気のある弁護士です。

 

 

経歴をまとめてみると

 

2005年 慶応義塾大学法学部卒業
2008年 中央大学法科大学院修了
2012年 弁護士登録

 

2014年 弁護士法人仁平総合法律事務所 退所
同年 弁護士法人Next 入所

 

日本弁護士連合会憲法問題対策本部嘱託弁護士、
慶應義塾大学法科大学院非常勤講師、
東京MX「モーニングクロス」レギュラーコメンテーター
として活躍中です。

 

 

2016年11月には山尾議員の事務所主催で
倉持氏による勉強会を行っているので
その頃から親しい付き合いになっていると
考えられるでしょうか。

 

 

それにしても、政治家の不倫が騒がれている中で
よくもまぁ、年下の弁護士とホテルに行きますよね。

 

 

万が一不倫じゃなかったとしても
そういう疑われるようなことをまずしてはいけないでしょ。

 

 

特にこのご時世…

 

最初は否定していてもどうなることやら…

 

 

※関連記事↓

倉持麟太郎弁護士の嫁は客室乗務員だったの?離婚は?

橋本健の浮気相手は今井絵理子だけではない?上原みなみって誰?

橋本健(神戸市議)は離婚するの?今井絵理子との不倫画像は?

今井絵理子の同棲中の彼氏(A氏)ってどんな人なの?画像も発見した。逮捕歴が今後の出馬に影響するんだろうか

 

 

【スポンサードリンク】







One Response to “倉持麟太郎の嫁や子どもの画像は?経歴も調べてみた!”

  1. […] 倉持麟太郎の嫁や子どもの画像は?経歴も調べてみた! […]

コメントを残す

サブコンテンツ